【独自】日産、EV投資で1兆円超計画…次世代電池の開発加速 : 経済 : ニュース

【独自】日産、EV投資で1兆円超計画…次世代電池の開発加速 #経済

中国, 上海

2021/11/28 23:15:00

【独自】日産、EV投資で1兆円超計画…次世代電池の開発加速 経済

日産自動車 は、2030年までに電気自動車(EV)など、電動車の関連技術に1兆円を超える投資を行う方針を固めた。自動車業界は、「脱炭素」につながる電動車で各社がしのぎを削っている。次世代電池の開発を加速させるとともに車種

29日に経営戦略となる長期ビジョンを発表し、投資計画も公表する。巨額投資で特に力を入れるのが電池だ。EV生産コストの3分の1を占めるとされる。高出力で小型化しやすく、発火しにくい次世代電池「全固体電池」について、30年までの実用化を目指す。量が限られるレアメタル(希少金属)を使わない電池の開発も進める。合わせて生産能力も増強する。日産は30年代の早い時期に、主要市場で投入する新型車を、EVや独自のハイブリッド技術「e―POWER(イーパワー)」を使った車に切り替える戦略を掲げている。国内では、EVの専用ブランド「アリア」の注文受け付けを始めた。「リーフ」に続く本格的なスポーツ用多目的車(SUV)だ。来春には三菱自動車と共同開発した軽自動車のEVも発売予定で、今後も品ぞろえを強化する。

Embrassed Moments ! Celebrities are Caught on Camera Like This

調査会社LMCオートモーティブによると、20年の世界EV販売台数は米テスラが約45万台で、2位の中国・上海汽車集団や3位の独フォルクスワーゲンのグループに20万台以上の差をつけて優位に立っている。日産と仏ルノー、三菱自動車による3社連合は4位の約18万台だ。テスラや中国勢に対し、大手各社も巻き返しを図っている。トヨタ自動車は30年までに車載電池の増産や開発に1・5兆円を投じる。フォルクスワーゲンもグループで、30年までに約70車種のEV発売を目指す。

続きを読む: 読売新聞オンライン »

どっちが強い?前半戦ベストイレブン選出ドラフト会議!!

今回は伊東さん、細江さんに今シーズンのセリエA前半戦をふまえて、それぞれのベストイレブンをドラフト形式で選出していただきました。果たしてお二人の前に置かれた抽選箱に出番はあるのか…!?みなさんのベストイレブン、お気に入りの選手もコメント欄でぜひ教えてください!【出演者】●伊東聡志https://twitter.c...

日本経済の「景気の谷」は昨年5月…内閣府が近く認定へ : 経済 : ニュース政府は、2018年11月から始まった景気後退局面が20年5月に終わったと認定する方針を固めた。有識者による「景気動向指数研究会」を近く開催し、研究会での議論を踏まえて内閣府が決める。 日本経済が後退局面から拡大局面に転 自分達でコロナの 📢〜恐怖🏢(読売TV)を煽り 日本の景気を悪くして 広告収入の落ち込みから 経営状態を悪くしたマスゴミ 自分で自分のクビを絞めて😫🤣 ばかじゃねーの 犯罪組織の 新聞・テレビは見ないよ😝 今度は接種後の死亡報道の 視聴率稼ぎでもやるんですか?

日本経済の「景気の谷」は昨年5月、内閣府が認定へ…初の「宣言」全国に出た時期 : 経済 : ニュース政府は、2018年11月から始まった景気後退局面が20年5月に終わったと認定する方針を固めた。有識者による「景気動向指数研究会」を近く開催し、研究会での議論を踏まえて内閣府が決める。 日本経済が後退局面から拡大局面に転

「赤リンゴ版ぷよぷよ」難しすぎるよ…最大8品種登場、青森県民でも「パニック」 : 経済 : ニュース青森リンゴの知名度を高めようと、青森県がパズルゲーム「ぷよぷよ」の県産リンゴ版「ぷよりんご」をツイッターで公開した。最大8品種のリンゴの登場に「青森県民でも即パニック」「区別が難しい」などの反応が相次ぎ、話題を呼んでい りんご農家でもパニックです、、、。

コロナ変異株でWTO閣僚会議延期…各国が渡航制限強化 : 経済 : ニュース【ロンドン=池田晋一】世界貿易機関(WTO)は26日、スイス・ジュネーブで30日~12月3日に予定していた閣僚会議を延期すると発表した。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の検出を受け、各国が渡航制限を強化 黒幕みたいに写真載ってる。

日本経済の「景気の谷」は昨年5月、内閣府が近く認定へ…初の「宣言」全国に出た時期 : 経済 : ニュース政府は、2018年11月から始まった景気後退局面が20年5月に終わったと認定する方針を固めた。有識者による「景気動向指数研究会」を近く開催し、研究会での議論を踏まえて内閣府が決める。 日本経済が後退局面から拡大局面に転

「今年は2倍のお祝い」リベンジ消費で過熱、本場のブラックフライデー : 経済 : ニュース【ニューヨーク=小林泰明】米国は26日、年末商戦の本格化を告げる「ブラックフライデー(黒字の金曜日)」を迎えた。コロナ禍で我慢を強いられた昨年の分を取り戻そうと、「リベンジ消費」の意欲は高まっている。折しもニューヨーク