【湯浅博の世界読解】「ピークパワーの罠」に陥る中国

「ピークパワーの罠」に陥る中国 湯浅博 問題はその先だ。新興大国は差し迫った危機感から、手遅れになる前に現状を打破しようと大胆な行動に出るー。

2021/10/22 17:00:00

「ピークパワーの罠」に陥る中国 湯浅博 問題はその先だ。新興大国は差し迫った危機感から、手遅れになる前に現状を打破しようと大胆な行動に出るー。

劇的な成長でピークを迎えた大国が、一転して減速に苦しむと、他国に攻撃的になることを「ピークパワーの罠(わな)」という。この手の「罠」に陥ると、全体主義の為政者…

それは、覇権国家が別の新興大国に置き換わる「パワーシフト」とは明らかに違う。むしろ、ピークを迎えた新興大国それ自身が、差し迫った衰退によって引き起こされるとの分析だ。いずれも念頭にあるのは中国である。 続きを読む: 産経ニュース »

オランダ、新型ウイルス対策強化に市民が反発 暴動に発展 - BBCニュース

オランダ・ロッテルダムで19日夜、新型コロナウイルス対策の規制強化に反発する市民が抗議活動を行い、暴動に発展した。

北京五輪終わったら台湾電撃侵攻?戦前の日本と大して変わらない政治体制なのに、国際世論工作や市場をぶら下げて経済で釣るのは本当に上手い。 せやなっ😵 アホか。中共という約束を全く守らないマフィア集団に過ぎない国家がまともになると想定していた時点で終わっている。世界はあまりにも自身に都合のいい未来図を描きすぎていたし全世界への戦争行為(中共ウイルス)騒動を経ても日本は核心部分では既存の関係性を捨てきれていない。終わってるわ。