【欧州を読む】エリザベス女王の体調不安 王室の影響力維持に課題

2022年に即位70年を迎える英国のエリザベス女王(95)の健康状態が心配されている。生涯の伴侶であるフィリップ殿下が今年4月に亡くなってから静養のため公務を取…

2021/12/07 8:00:00

エリザベス女王の体調不安 王室の影響力維持に課題 王位継承順位1位の長男、チャールズ皇太子(73)の不人気や他の王室メンバーの不祥事などの課題が山積する中、女王亡き後の王室が支持され続けるのか不安視する声もあがっているー。

2022年に即位70年を迎える英国のエリザベス女王(95)の健康状態が心配されている。生涯の伴侶であるフィリップ殿下が今年4月に亡くなってから静養のため公務を取…

2022年に即位70年を迎える英国のエリザベス女王(95)の健康状態が心配されている。生涯の伴侶であるフィリップ殿下が今年4月に亡くなってから静養のため公務を取りやめる事態が相次ぎ、女王の死去に備えた英政府の行動計画とみられる文書が報じられる異例の事態も起きた。王位継承順位1位の長男、チャールズ皇太子(73)の不人気や他の王室メンバーの不祥事などの課題が山積する中、女王亡き後の王室が支持され続けるのか不安視する声もあがっている。

続きを読む: 産経ニュース »

早くの訃報を期待しております。 心配です。国民投票に決めて頂きたい。 若返りの為チャールズ王太子よりウィリアム王子がいい。投票はないかな?