【巨人】高橋優貴、初タイトル奪取宣言 昨季は最多勝あと2「多く勝つことが日本一につながる」

2022/01/11 0:16:00

【 #巨人 】#高橋優貴 、初タイトル奪取宣言 昨季は最多勝あと2「多く勝つことが日本一につながる」 #巨人 #ジャイアンツ #読売ジャイアンツ

巨人, 高橋優貴

【 巨人 】 高橋優貴 、初タイトル奪取宣言 昨季は最多勝あと2「多く勝つことが日本一につながる」 巨人 ジャイアンツ 読売 ジャイアンツ

巨人の 高橋優貴 投手(24)が10日、自身初のタイトル獲得を目指す決意を示した。昨季はシーズン終盤まで最多勝争いを繰り広げるも惜しくも届かず、「これまで言ってこなかったけど、タイトルを取りたい」と野望

いつもと変わらぬ口調でも、高橋の発する言葉に自覚がにじんだ。昨年はチーム最多の11勝(9敗)をマーク。前半戦にリーグトップの9勝を挙げ、終盤まで最多勝争いを繰り広げるも、阪神・青柳、広島・九里の13勝にあと2つ及ばなかった。「最多勝を争っていた中、負けてしまった悔しさがある。これまではそういうことを言ってこなかったけど、タイトルを取りたい。勝負できるチャンスがあったので」。普段は控えめな左腕が語気を強めた。チームの勝利を第一とし、個人的な目標について多くを語ってこなかった。この言葉の裏には昨年、初めて1年間ローテを守るも、チームとして優勝を逃した悔しさと責任感がある。「日本一になるために、自分に何ができるか。より多く勝つことが(日本一に)つながってくるんじゃないかなと」。チームを引っ張っていく、一本立ちしなければ、という強い意思を感じた。

後半戦は先発11試合のうち、半分以上の6試合で5回を投げきることができなかった。他球団のマークが厳しくなったことも想像に難くない。だが、前半戦は気迫を前面に出して闘志あふれる姿が多く見られたものの、後半は一変。チーム状況も良くなかったせいかマウンドで不安そうな表情が増え、「何とかしないと」という気持ちに体がついていっていなかったように感じた。本人は「後半戦、下半身を使えずに、その影響でいろんなところがよくなくなってしまった」と課題を分析。オフは体力強化に重点を置いている。

続きを読む:
スポーツ報知 »

アマゾンのイノベーションを起こす「人事制度」の仕組み、こんなリーダーが評価される!【動画】

米アマゾン・ドット・コムの人事評価の鉄則とは?特集『アマゾン流 イノベーションが起こる「働き方」』の第5回は、アマゾンの「人材活用術」を徹底解説。アマゾンの新規事業はなぜ爆発的に成長するのか?日本企業に欠ける「大企業のスケール」の活用法とは?新規事業を成長させ、イノベーションを起こす秘訣が学べます。 続きを読む >>

おいギョロ目 お前は最近のドラ1の中ではチームに貢献してる方だから自信持っていいぞ、桜井とかヘイヘイヘイとかクワガタみたいなオワコンがいるから余計にマシにみえるわ。 大城さんにホームベース踏ませてあげて〜〜🙏🙏🙏🙏🙏 勝つ事もですが、バント上手にならないと、チャンス回ってきた時に、点入らない😰 凄く、勿体無い事ですよ!わかってますか?

【巨人】梶谷隆幸、昨年10月に手術の腰は「良くなっている」オープン戦での復帰見据える梶谷隆幸、昨年10月に手術の腰は「良くなっている」オープン戦での復帰見据える 巨人 ジャイアンツ 読売 ジャイアンツ FA戦士の責任を真っ当して井納と一緒にリーグ優勝奪回の一員になってくれ 松原さん、、、 そこまで期待はしてないけど応援してるからな。

【巨人】村田真一氏「小林誠司がレギュラーになるには打率2割7分くらい欲しい。下半身主導にどう変えるか」巨人の小林誠司捕手(32)が8日、社会人時代を過ごした大阪・貝塚市内の日本生命の練習施設で自主トレを公開した。課題の打撃向上へ「全てを変える」と構えからフォーム、心構えに至るまで全てを見直す“解体” バット短く持って、流し打ちの練習!あと、バント! たしかに投手も含めて自動アウト2人はキツい... おいコンパクト 鈍足野郎の能力じゃ出塁率どころかOPS.270も無理だろw そもそもアホ巨人ファンがこいつを 「大城より盗塁阻止率がいい」 「大城よりイケメン」 という理由で優遇してクソ打撃も小学生以下の脚力も許しているのが問題だわ

【巨人】鈴木優「超速仕上げ」で開幕1軍誓う オリックス自由契約から巨人育成オリックスを自由契約となり、巨人に入団した育成・鈴木優投手(24)が8日、支配下登録&開幕1軍へ向けての“超速仕上げ”を宣言した。小林とともに大阪・貝塚市で自主トレを公開。新天地での再スタートへ向け 岡本様世代頑張れ🚩😆✨🚩 アピールして なんぼ 頑張れ👍 田中豊樹投手みたいに魔改造できれば…

【巨人】元木大介コーチ“クセ者2世”「出てきてほしい」巨人の元木大介ヘッド兼オフェンスチーフコーチ(50)が8日、“強化指定選手”の中山礼都内野手(19)、秋広優人内野手(19)にレギュラー奪取指令を下した。都内で開催されたトークショーで「4番・岡本和 お前の二世なんか要らんわ! プレイヤーとしての元木2世はいらん。もっと出てきて欲しいタイプのプレイヤーが山程いる。 おいクソラーメン 長嶋さんが考えていたクセ者とおまえのそれは全く別物だろ。 おまえのは単に「上司に媚び売る腰巾着」だろ

【巨人】円陣番長・岸田行倫に円陣禁止令? 元木ヘッド「野球で盛り上げてほしい」巨人の元木大介ヘッド兼オフェンスチーフコーチが10日、今季から数々の名捕手が背負った「27」をつける岸田行倫捕手にゲキを飛ばした。 お祭り男みたーいw きっしゃんに円陣散々やらせてたのは貴方でしょう(笑) ヘッド(笑) 同級生BIG BOSSのパクリか?

【巨人】菊田拡和、悲願の1軍出場へ2軍で結果を「15本打ちたい。持ち味である長打力を出せれば」新成人の巨人・菊田拡和内野手(20)、山瀬慎之助捕手(20)が9日、悲願の1軍初出場を目標に掲げた。菊田は「3年目でもう結果も求められてくる時期。そこに応えられるように」と背筋を伸ばした。昨季は2軍 骨折さえなければ… コンタクト率が上がってきているので楽しみな選手!外野にも挑戦中である程度目処がたてば一軍でも出番は増えるはず! 期待してます まずはしっかり治して復帰したら活躍してほしいね

を口にした。これまで大きな個人目標を口にすることがなかった左腕が、なぜタイトル獲得を宣言したのか。その真意を、担当の河原崎功治記者が「見た」。 いつもと変わらぬ口調でも、高橋の発する言葉に自覚がにじんだ。昨年はチーム最多の11勝(9敗)をマーク。前半戦にリーグトップの9勝を挙げ、終盤まで最多勝争いを繰り広げるも、阪神・青柳、広島・九里の13勝にあと2つ及ばなかった。「最多勝を争っていた中、負けてしまった悔しさがある。これまではそういうことを言ってこなかったけど、タイトルを取りたい。勝負できるチャンスがあったので」。普段は控えめな左腕が語気を強めた。 チームの勝利を第一とし、個人的な目標について多くを語ってこなかった。この言葉の裏には昨年、初めて1年間ローテを守るも、チームとして優勝を逃した悔しさと責任感がある。「日本一になるために、自分に何ができるか。より多く勝つことが(日本一に)つながってくるんじゃないかなと」。チームを引っ張っていく、一本立ちしなければ、という強い意思を感じた。 後半戦は先発11試合のうち、半分以上の6試合で5回を投げきることができなかった。他球団のマークが厳しくなったことも想像に難くない。だが、前半戦は気迫を前面に出して闘志あふれる姿が多く見られたものの、後半は一変。チーム状況も良くなかったせいかマウンドで不安そうな表情が増え、「何とかしないと」という気持ちに体がついていっていなかったように感じた。本人は「後半戦、下半身を使えずに、その影響でいろんなところがよくなくなってしまった」と課題を分析。オフは体力強化に重点を置いている。 最多勝を狙うなら、15勝以上が一つのラインになってくるはずだ。本人は具体的な数字こそ明言しなかったが、昨年のようにスタートダッシュを決め、後半も一定数白星をつかめればその15勝も決して夢物語ではない。言葉通りに成長した姿を見せ、大きな勲章を手にできるか。(河原崎 功治) ..を宣言した。巨人の正捕手として活躍したスポーツ報知評論家の村田真一氏が、小林のレギュラー定着へ必要な要素を語った。 * * * まだ3年目くらいだったか。現役時代、王監督にこう言われたことがある。「レギュラー取りたいんなら、お前はパンチ力があるんだから打率は2割5分でいい。ホームランを2ケタ打て」って。だから昨季打率9分3厘、1本塁打だった小林の課題は明確。肩を含めた守備は高いレベルとはいえ、打たなきゃ勝負にならん、ということよね。年明けから、バットを振りまくっているというのは危機感の表れと思う。 打順は8番が多い。つまり後ろは9番投手。連続でアウトになる確率が高いから昨年のように9回打ち切りで中盤に負けていたら、代打を考えなきゃいけなくなる。これではベンチはスタメンで使いづらい。打力が強みの大城は盗塁阻止率が昨季リーグ1位で、捕手としても成長している。岸田もいる。小林がレギュラーになるには、2ケタ本塁打は難しいやろうから理想は打率2割7分くらい欲しい。 上体に頼りがちな打撃をどっしりとした下半身主導にどう変えるか、と見ている。今は自分と一流打者を比べて学んで、何が自分に合っているかを模索している最中と思う。2月はフォーム固めでいい。3月のOP戦で“ニュー誠司”を見るのが楽しみやね。(スポーツ報知評論家・村田真一).て「キャンプ中で開幕1軍、支配下を狙ってと思っている。例年以上に仕上げるのを早く。技術(練習)の方を多めにやっている」と明かした。 昨年10月に戦力外通告を受けて以降、「ほぼ休むことなく練習していた。ずっといい感じで、いつでも投げられるくらい」と調整は順調だ。自主トレ第1クール最終日のこの日は立ち投げなどを行い、次クールからは捕手を座らせてのブルペン投球もスタートさせる予定。「もうやるしかないなって、例年以上に。今年は本当にやり抜いて帰ろうと思っています」と、支配下枠を巡る競争を勝ち抜く覚悟をにじませた。.