宮本慎也, ジャイアンツ, 評論家コラム, 巨人

宮本慎也, ジャイアンツ

【宮本慎也】7回裏“流れ”を変えた巨人 走らなければいけなかった1球 - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ

【宮本慎也】7回裏“流れ”を変えた巨人 走らなければいけなかった1球 #宮本慎也 #ジャイアンツ

2021/05/07 16:35:00

宮本慎也 】7回裏“流れ”を変えた巨人 走らなければいけなかった1球 宮本慎也 ジャイアンツ

終盤の逆転劇でヤクルトが巨人を下した。日刊スポーツ評論家の 宮本慎也 氏(50)は、7回の巨人の攻撃を潮目と指摘した。 ◇ ◇ ◇試合には“流れ”があ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

7回裏巨人無死一塁、二併殺打に倒れた代打松原。投手金久保(撮影・足立雅史)<巨人4-6ヤクルト>◇7日◇東京ドーム終盤の逆転劇でヤクルトが巨人を下した。日刊スポーツ評論家の宮本慎也氏(50)は、7回の巨人の攻撃を潮目と指摘した。◇ ◇ ◇試合には“流れ”がある。勝敗を決める一番のポイントだと思っているし、接戦になればなるほど重要度は増してくる。3-1でリードしていた巨人にとって、ヤクルトに“流れ”を向けてしまったのが、7回裏の攻撃だった。先頭打者の大城が右前打。代走のスペシャリスト、増田大を送り、投手の打席には代打松原。手堅く送りバントでも悪くはないが、ヤクルトの投手は金久保で、クイックが苦手なタイプ。6回裏に走者を出したときでも、クイックのタイムは1秒3前後。足の速い選手なら、ほぼ確実に走れる投手だった。

YOASOBIがユニクロとコラボ、楽曲イメージのTシャツ発売 - ライブドアニュース 長崎市のゴミ捨て馬でゴミ袋から子猫4匹 生まれてすぐ捨てられてたか - ライブドアニュース ココイチのアルバイト店員が「不適切動画」を投稿 会社が謝罪 - ライブドアニュース

初球は捕手中村が外角に外し気味に構え、真っすぐを要求。サインを見てすぐに投げたため、走りにくかったのは分かるが、それでもクイックのタイムは1秒31。2球目も同じ外角の真っすぐで、打者の松原は見逃してストライク。そして3球目の甘いフォークで増田大はスタートを切ったが、松原は打ちに出て最悪のセカンド併殺。“流れ”を変えた。まず、金久保がクイックが遅いのは分かっていたはず。特に目いっぱいのクイックをしてくる初球のタイムが遅いのだから、初球に走れなかったのは百歩譲っても、2球目には走らなければいけない。打席の松原にしても、2球目の真っすぐを打たなかったのは走るのを待っていたのかもしれないが、3球目のフォークは見逃してもいい。1ストライクを取られていただけに、打ちたくなる気持ちは分かる。しかし変化球なら、かなりの確率で盗塁は成功した。追い込まれて三振したとしても送りバントをしたのと同じ結果だし、見逃した後、進塁打が打てれば追加点を取れる確率はグッと上がった。

走れる投手を相手に、1ストライクを取られるまで待つのはセオリーでもある。しかし2球目のストライクゾーンの真っすぐなら打ってよかったし、逆に1ストライクを取られた後でも、変化球なら待つべき。単純なセオリーというより、1つ高いレベルのセオリーになるが、代走のスペシャリストなら走らなければいけないし、松原にしてもレギュラーを獲得するためにはクリアしてほしいレベルのプレー。この併殺で“流れ”がヤクルトに傾き、予感通りの逆転負け。悔やまれるプレーになった。(日刊スポーツ評論家) 続きを読む: 日刊スポーツ »

“作りたての牛丼をドローンで” 実証実験 | NHKニュース

【NHK】ドローンを使った新しい物流の仕組みを検討しようと、作りたての牛丼をドローンに載せて5キロ余り離れた建物まで運ぶ実証実験が…

守ってる野手からしたらこれを防げたからいける!ってなる。滅茶苦茶腹落ちします。 巨人? 読売目線は止めませんか? ヤクルトがチーム一丸で勝った試合です。

【権藤博】阪神藤浪は「何でファームで投げているの?」少々の荒れ球は武器 - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ阪神藤浪晋太郎投手(27)の2軍中日戦を視察した。結論から言えば「何でファームで投げているの?」だ。それくらいしっかり投げ込んでいた。ノーワインドアップにも取… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 同感です❗藤波をこんな使い方をしてたら いつまでもようならんでしょう❗ こんな暗刻を2回も作ってしまったから… hanshin 阪神 阪神タイガース

【佐々木主浩】投手大谷の状態は上向き ストライクゾーン確認は逆効果 - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツエンゼルス大谷翔平投手(26)が今季4度目の先発で5回0/3を投げ1安打無失点と力投したが、2勝目はならなかった。日刊スポーツ評論家の佐々木主浩氏(53)は、… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【権藤博】中日は本拠地生かした戦いを 高い外野フェンスの見直しも - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ日刊スポーツ評論家の権藤博氏が古巣・中日の戦い方についてポストコロナ時代も踏まえた新たな議論の必要性を唱えた。本拠地バンテリンドームは両翼100メートル、中堅… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【大石大二郎】阪神佐藤輝明、今後のヒントになる内角高めの直球を本塁打 - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ阪神ドラフト1位佐藤輝明内野手(22)がドラフト制後の新人では最速となる33試合目で10号本塁打を放った。 ◇ ◇ ◇佐藤輝にとって、今後のヒント… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【里崎智也】阪神佐藤輝明に追い風、前日特大弾で厳しい内角攻め減少か - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ阪神佐藤輝明内野手(22)が2安打2打点と活躍。日刊スポーツ評論家の里崎智也氏(44)は、前日に放った特大10号本塁打が自身を助ける1発になったと指摘した。 … - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)