大石大二郎, 佐藤輝明, 阪神タイガース, 評論家コラム, 阪神, 佐藤輝明

大石大二郎, 佐藤輝明

【大石大二郎】阪神佐藤輝明、今後のヒントになる内角高めの直球を本塁打 - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ

【大石大二郎】阪神佐藤輝明、今後のヒントになる内角高めの直球を本塁打 」 #大石大二郎 #佐藤輝明 #阪神タイガース

2021/05/07 15:59:00

大石大二郎 】阪神 佐藤輝明 、今後のヒントになる内角高めの直球を本塁打 」 大石大二郎 佐藤輝明 阪神タイガース

阪神ドラフト1位 佐藤輝明 内野手(22)がドラフト制後の新人では最速となる33試合目で10号本塁打を放った。 ◇ ◇ ◇佐藤輝にとって、今後のヒント… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

一時よりもボール球に手を出さなくなっていたが、インサイドを攻められてきたことで、まだ内角を意識し過ぎる面があった。そのため、逆球など甘いコースをとらえきれなかったところがある。力を入れなくても打てますよ、というのが分かっただろうし、早いカウントでもこういう打ち方をすれば、本塁打になる。開幕から4番に座った大山が負傷で離脱した。当然、佐藤輝は4番を打つ資質を持っている。それに加えて、首脳陣は打順をあまりいじりたくない、というのもあっただろう。3、5番に置けば、マルテあるいはサンズを動かさなければならない。これまでのいい流れを変えたくないという点で、新人の4番起用はうなずける。

YOASOBIがユニクロとコラボ、楽曲イメージのTシャツ発売 - ライブドアニュース 長崎市のゴミ捨て馬でゴミ袋から子猫4匹 生まれてすぐ捨てられてたか - ライブドアニュース ココイチのアルバイト店員が「不適切動画」を投稿 会社が謝罪 - ライブドアニュース

ファームでは、新外国人のロハスが調整しているが、1軍に上げれば、簡単には外すことのできない選手だ。しっかりと準備して打てなければ、他の選手にも影響が出てくる。そういう意味では、佐藤輝は十分な働きを見せているし、6番で使った糸井も本塁打を記録した。選手層の厚さという意味では、うれしい悲鳴だろうが、当面は打線の骨格を変えずに、戦っていくことになるだろう。(日刊スポーツ評論家) 続きを読む: 日刊スポーツ »

オオカミ犬2頭が逃げ出す 通報から20時間近くたって 捕獲 | NHKニュース

【NHK】長野県富士見町でブリーダーの男性が飼育していたオオカミ犬2頭が11日、おりから逃げ出しました。警察などが出て捕獲作業にあ…

【権藤博】阪神藤浪は「何でファームで投げているの?」少々の荒れ球は武器 - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ阪神藤浪晋太郎投手(27)の2軍中日戦を視察した。結論から言えば「何でファームで投げているの?」だ。それくらいしっかり投げ込んでいた。ノーワインドアップにも取… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 同感です❗藤波をこんな使い方をしてたら いつまでもようならんでしょう❗ こんな暗刻を2回も作ってしまったから… hanshin 阪神 阪神タイガース

【佐々木主浩】投手大谷の状態は上向き ストライクゾーン確認は逆効果 - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツエンゼルス大谷翔平投手(26)が今季4度目の先発で5回0/3を投げ1安打無失点と力投したが、2勝目はならなかった。日刊スポーツ評論家の佐々木主浩氏(53)は、… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【里崎智也】オリックス宮城、完成度高い 緩急と制球力で左右関係なし - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツオリックス宮城があらゆる要素を駆使し、日本ハムに的を絞らせなかった。まず、生命線の外角真っすぐの制球が抜群にいい。右打者、左打者に関係なく外角で確実にカウント… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【真弓明信】ロハスは打席での落ち着きは評価、穴少なく大崩れしないタイプ - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツロハスはコンディション面ではまだ本調子ではないだろう。それでも、打席での落ち着きは評価できる。4回は1死二、三塁で打席が回り、カウント1-2と追い込まれたが、… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 🙄 真弓さんの評価で当たった外人は、 一年で居なくなってます。 ブロワーズも、評価してました。 77PrPRLpfjqDUFJ よろしくお願いします😃

【権藤博】中日は本拠地生かした戦いを 高い外野フェンスの見直しも - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ日刊スポーツ評論家の権藤博氏が古巣・中日の戦い方についてポストコロナ時代も踏まえた新たな議論の必要性を唱えた。本拠地バンテリンドームは両翼100メートル、中堅… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)