Kyojin, Giants, 岡本和真, 評論家コラム, 巨人, 岡本和真

Kyojin, Giants

【和田一浩】巨人岡本和真4番証明する1発「見せ球」予測で打つ“予感” - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ

【和田一浩】巨人岡本和真4番証明する1発「見せ球」予測で打つ“予感” #kyojin #giants #岡本和真

2021/05/09 13:09:00

【和田一浩】巨人 岡本和真 4番証明する1発「見せ球」予測で打つ“予感” kyojin giants 岡本和真

これぞ4番という巨人 岡本和真 内野手(24)の仕事だった。1点ビハインドの9回1死一、二塁から逆転サヨナラ本塁打。今季はここまで、打率も得点圏打率も2割5分以下… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

巨人対ヤクルト 9回裏巨人1死一、二塁、サヨナラ3点本塁打を放つ岡本和(撮影・足立雅史)<巨人7-5ヤクルト>◇9日◇東京ドームこれぞ4番という巨人岡本和真内野手(24)の仕事だった。1点ビハインドの9回1死一、二塁から逆転サヨナラ本塁打。今季はここまで、打率も得点圏打率も2割5分以下。ホームランこそなんとか5本塁打していたが、勝負弱さが目についていた。そんな中で、2打席連続アーチで意地を見せた。今季の岡本和は、復調しそうでしないもどかしい打席が続いていた。しかし、打ちそうな“予感”は、漂っていた。8回、先頭打者で迎えた第4打席だった。カウント1-1から、ヤクルトのマクガフの内角151キロの真っすぐをレフトスタンドへ6号ソロ。今季は内角の速球系の球にことごとく詰まっていたが、体にバットが巻きつくようなスイングで難しい内角球を仕留めていた。

YOASOBIがユニクロとコラボ、楽曲イメージのTシャツ発売 - ライブドアニュース 長崎市のゴミ捨て馬でゴミ袋から子猫4匹 生まれてすぐ捨てられてたか - ライブドアニュース 英イングランド、ロックダウン緩和を4週間延期へ 感染拡大で - BBCニュース

9回の第5打席は、逆方向への1発だった。初球は内角の真っすぐを見逃してボール。この見逃し方に余裕を感じた。前の打席で内角球を仕留めており、内角への真っすぐは「見せ球」でしか使えないという予測があったのだろう。2球目は外角へのスライダーがやや高めにきたが、コースはギリギリで、見逃しストライク。少しだけピクついたように、外角球を狙っている気配はあった。3球目は高さもコースも似たようなスライダーで、今度は逆方向に狙い打ちして本塁打にした。打者は投手の投げる球を打つため、どうしても「受け身」になりやすい。不振になると、どうしても後手後手に回ってしまうが、苦しんでいた内角球を仕留めたことで優位な立場で打席を迎えられた。「内角球は見せ球でしか使えないだろう」という予測が成り立っていた打席だった。

それでも外角のスライダーに対し、見事な流し打ち。外角に狙い球を絞れる状況とはいえ、強引に引っ張りにいっていたら本塁打にするのは難しかっただろう。逆方向でありながら、スタンド中段まで飛ばしたパワーは、4番打者の力の証明する1発だった。(日刊スポーツ評論家)巨人対ヤクルト 9回裏巨人1死一、二塁、サヨナラとなる右越え3点本塁打を放った岡本和(左)を祝福する原監督(撮影・横山健太) 続きを読む: 日刊スポーツ »

“作りたての牛丼をドローンで” 実証実験 | NHKニュース

【NHK】ドローンを使った新しい物流の仕組みを検討しようと、作りたての牛丼をドローンに載せて5キロ余り離れた建物まで運ぶ実証実験が…

【宮本慎也】7回裏“流れ”を変えた巨人 走らなければいけなかった1球 - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ終盤の逆転劇でヤクルトが巨人を下した。日刊スポーツ評論家の宮本慎也氏(50)は、7回の巨人の攻撃を潮目と指摘した。 ◇ ◇ ◇試合には“流れ”があ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 巨人? 読売目線は止めませんか? ヤクルトがチーム一丸で勝った試合です。 守ってる野手からしたらこれを防げたからいける!ってなる。滅茶苦茶腹落ちします。

【里崎智也】阪神佐藤輝明に追い風、前日特大弾で厳しい内角攻め減少か - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ阪神佐藤輝明内野手(22)が2安打2打点と活躍。日刊スポーツ評論家の里崎智也氏(44)は、前日に放った特大10号本塁打が自身を助ける1発になったと指摘した。 … - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【里崎智也】オリックス宮城、完成度高い 緩急と制球力で左右関係なし - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツオリックス宮城があらゆる要素を駆使し、日本ハムに的を絞らせなかった。まず、生命線の外角真っすぐの制球が抜群にいい。右打者、左打者に関係なく外角で確実にカウント… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【真弓明信】ロハスは打席での落ち着きは評価、穴少なく大崩れしないタイプ - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツロハスはコンディション面ではまだ本調子ではないだろう。それでも、打席での落ち着きは評価できる。4回は1死二、三塁で打席が回り、カウント1-2と追い込まれたが、… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 🙄 真弓さんの評価で当たった外人は、 一年で居なくなってます。 ブロワーズも、評価してました。 77PrPRLpfjqDUFJ よろしくお願いします😃

【大石大二郎】阪神佐藤輝明、今後のヒントになる内角高めの直球を本塁打 - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ阪神ドラフト1位佐藤輝明内野手(22)がドラフト制後の新人では最速となる33試合目で10号本塁打を放った。 ◇ ◇ ◇佐藤輝にとって、今後のヒント… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)