【一聞百見】東日本大震災で残された犬猫たちを救う 元戦場カメラマンの信念

  • 📰 Sankei_news
  • ⏱ Reading Time:
  • 1 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 4%
  • Publisher: 53%

日本 見出し ニュース

日本 最新ニュース,日本 見出し

【一聞百見】東日本大震災で残された犬猫たちを救う 元戦場カメラマンの信念 東日本大震災からはや10年。ペットや家畜など、人とともに暮らす動物たちもまた犠牲になったが、その多くは津波でも放射能でもなく、置き去りにされた後の餓死だった。

東日本大震災からはや10年。ペットや家畜など、人とともに暮らす動物たちもまた犠牲になったが、その多くは津波でも放射能でもなく、置き去りにされた後の餓死だった。フリーカメラマンの太田康介さん(62)は震災直後の3月末から福島に入り、飢えや渇きに苦しむ家畜、食べ物を求めてさまよう犬猫たちの写真を撮影し、現状を伝えた。その後もボランティアとして活動しながら撮影を続けてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大で仕事が激減したのを機に今年1月、40年以上暮らした東京から母のいる故郷・滋賀県に帰ったと聞き、琵琶湖畔を訪ねた。「あのときは何をやってもだめでしたね。足が冷たいだろうからせめてもと牛の足元に板を敷いたり、用水路から上がらせようと廃材でスロープを作ったりしたんですが…。もう弱って、この子は立つこともできなくなっていました」惨状を見た誰かが、牛舎の柵を開けたのだ。外に出た牛たちは多少の草を食べることはできたが、今度は水を求めて用水路に次々と落ちた。自力で上がることもできず、弱っていくばかりだった。3月30日。現地に入った人のツイッターで置き去りにされた動物たちの窮状を知った太田さんは、一人で福島

東日本大震災からはや10年。ペットや家畜など、人とともに暮らす動物たちもまた犠牲になったが、その多くは津波でも放射能でもなく、置き去りにされた後の餓死だった。フリーカメラマンの太田康介さん(62)は震災直後の3月末から福島に入り、飢えや渇きに苦しむ家畜、食べ物を求めてさまよう犬猫たちの写真を撮影し、現状を伝えた。その後もボランティアとして活動しながら撮影を続けてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大で仕事が激減したのを機に今年1月、40年以上暮らした東京から母のいる故郷・滋賀県に帰ったと聞き、琵琶湖畔を訪ねた。「あのときは何をやってもだめでしたね。足が冷たいだろうからせめてもと牛の足元に板を敷いたり、用水路から上がらせようと廃材でスロープを作ったりしたんですが…。もう弱って、この子は立つこともできなくなっていました」惨状を見た誰かが、牛舎の柵を開けたのだ。外に出た牛たちは多少の草を食べることはできたが、今度は水を求めて用水路に次々と落ちた。自力で上がることもできず、弱っていくばかりだった。3月30日。現地に入った人のツイッターで置き去りにされた動物たちの窮状を知った太田さんは、一人で福島に向かった。車にエサを積み、カメラを持って。動物を探しながら車で福島第1原発から30キロ、そして20キロ圏内へと入った。牛舎の柵が開放され自由になったのもつかの間、水を求めて用水路に落ちてしまった牛たち=平成23年、福島県浪江町(太田康介さん撮影)

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。

大震災で残された動物たちの保護をされていた方の著書を図書館で読んでいた時、図らずも涙が溢れてきました。人もそうですが動物もまた被害者です。

自然災害とはいえ人間のエゴだよな、動物には何の罪もない、その時自分は何が出来るだろうか?

たかが一匹🐈だと言うかもしれないが、子供と同じ 自分は放射能を浴びても助けに行きます

自然災害とはいえ人間のエゴだよな、動物には何の罪もない。

なんか不思議な感じ 文中では肉牛の話してるのに写真は乳牛のホルスタインだし 野生動物に餌をとられるから大変だったという割には、 そのほとんどが捨てられた飼い猫じゃなくて野良だと書いてるし

辛いことですが、災害時に飼ってる動物を処分するのも飼い主の務めです

このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 68. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し

Similar News:他のニュース ソースから収集した、これに似たニュース記事を読むこともできます。