【プロ野球通信】背景にセ・パの実力差 巨人のDH制提案、今季実現は困難

  • 📰 Sankei_news
  • ⏱ Reading Time:
  • 31 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 16%
  • Publisher: 53%

日本 見出し ニュース

日本 最新ニュース,日本 見出し

【プロ野球通信】背景にセ・パの実力差 巨人のDH制提案、今季実現は困難 巨人は以前から、DH制導入を要望しており、背景には、日本シリーズでソフトバンクに2年連続で4連敗するなど、広がるセ・パの実力差に対する危機感がある。

プロ野球巨人は、セ・リーグ理事会で、今季からの指名打者(DH)制の導入を数度にわたり、提案した。理由には、新型コロナウイルス禍の中での投手の負担軽減などを挙げたが、いずれも他球団の賛同が得られずに見送りとなった。巨人は以前から、DH制導入を要望しており、背景には、日本シリーズでソフトバンクに2年連続で4連敗するなど、広がるセ・パの実力差に対する危機感がある。

昨年12月14日付の山口寿一オーナー名の文書で、巨人は導入理由を3つ挙げている。1つ目は、コロナ禍の中で投手の負担軽減。今季、セの投手は故障者が41人で、パの30人を11人上回ったとのデータを示し「過密日程に加え、打撃や走塁の負担が関係した可能性がある」と指摘した。2つ目は、1人でも多くの野手に出場機会を与え、チームの強化に努める必要性。3つ目は、プロならではの試合を提供する義務を挙げ、ピッチングへの影響を避けるため投手が打席後方でバットを振らない、空振りをするなどのシーンは避けるべきだと指摘した。近年、社会人野球や、東京六大学と関西学生野球を除く大学野球でもDH制が定着しており、投手の打力低下も背景あるとし、来季に限って暫定的な導入を求めた。

これに対し、セ理事会は見送りを決定。それでも巨人は諦めず、約1カ月後の今年1月19日のセ理事会でも、期間限定での導入を再提案したが、巨人以外の全球団が反対した。セ理事長で阪神の谷本修球団本部長は「各球団からの意見を持ち寄って十分に話し合った結果、採用しないという結論に落ち着いた。セ・リーグの価値をいかに向上させるかというテーマの中で、継続的に話し合いを行っている」とし今季の導入は見送ったものの、今後も協議を重ねていく方針を示した。巨人はその後も、来日が遅れている新加入の外国人選手の調整期間などを理由に導入を訴えたが、いずれも退けられている。

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。

てっきり、頭がフットーしそうだよぅ!っていうコメントであふれていると思ったのに・・・腐っていたのは俺だけだった(^p^)

DHじゃなくて 選手の頑張りでしょ

今季どころか永遠に実現すべきではない。 そんなにGはDHをやりたいならパリーグのどれかとトレードしてパリーグに行けばいい。

DH導入した所で力の差は埋まらないでしょ。球団超えて最先端の情報のやり取りしてるのがパの特徴との事だったし。セは閉塞してるんだから、変わらないよ。

実力を高める方向には行かないの?セリーグさんよw

どんなルールにしても、どっちにしてもハチタテはないよ。もっと切磋琢磨しろよ!原監督。今度取らなきゃ辞任!

DHの問題ではなく、選手の育成の問題なんだけどな。

パリーグも、MLBアメリカンリーグも、対抗するリーグより人気がなかったため打撃戦で盛り上げてファンを獲得しようとDHを導入した。MLBナショナルリーグは「野球本来の形は投手も打つのが本来の形」と変更の予定なし。セリーグも堂々と今の形を貫いて欲しい。

セ・リーグは時代遅れ。パには永久に勝てないだろう

しつこい巨人

このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 68. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し

Similar News:他のニュース ソースから収集した、これに似たニュース記事を読むこともできます。