【スポーツ一刀両断】求められるウルフの才覚 鈴木桂治

「鈴木体制のテーマは?」とよく聞かれる。前監督の井上康生さんは「開花」や「攻め」といった端的なキャッチフレーズを掲げ、戦闘集団の色を出すのがうまかった。

2022/01/21 7:00:00

【スポーツ一刀両断】求められるウルフの才覚 鈴木桂治 昨秋からこの年始にかけて、メディアではウルフ・アロンや阿部きょうだい(一二三、詩)らの露出が多かった。子供たちにとっては憧れの存在だ。

「鈴木体制のテーマは?」とよく聞かれる。前監督の井上康生さんは「開花」や「攻め」といった端的なキャッチフレーズを掲げ、戦闘集団の色を出すのがうまかった。

いまは、スポーツ界に追い風が吹いているとは言い難い。選手強化の第一歩となるはずだった講道館杯全日本体重別選手権(17、18日)は、新型コロナ禍で中止となった。「第6波」を目の当たりにして、競技者が勇敢に握り拳を固めても社会から浮いた存在になりかねない。

続きを読む: 産経ニュース »

伊藤ハム 再び ほぼすべての自社製品 3%から30%の値上げへ | NHK

【NHK】「伊藤ハム」は、豚肉や牛肉などの原材料の価格高騰のため、ことし3月に続いて、10月にもハムやソーセージなどほぼすべての自… 続きを読む >>

いくらなんでも出すぎだろう?練習してんのか?

柔道男子日本代表の鈴木桂治監督 いまは、スポーツ界に追い風が吹いているとは言い難い。選手強化の第一歩となるはずだった講道館杯全日本体重別選手権(17、18日)は、新型コロナ禍で中止となった。「第6波」を目の当たりにして、競技者が勇敢に握り拳を固めても社会から浮いた存在になりかねない。 特集・連載: