小島和哉, Chibalotte, Npb, プロ野球, ロッテ, 小島和哉, 【金子真仁】

小島和哉, Chibalotte

【とっておきメモ】ロッテ小島プロ初完封、野球ノートに蓄積の経験生かした - プロ野球 : 日刊スポーツ

【とっておきメモ】ロッテ小島プロ初完封、野球ノートに蓄積の経験生かした #小島和哉 #chibalotte #NPB

2021/09/20 1:31:00

【とっておきメモ】 ロッテ 小島プロ初完封、野球ノートに蓄積の経験生かした 小島和哉 chibalotte NPB

<日本ハム0-4 ロッテ >◇19日◇札幌ドームプロ3年目の ロッテ 小島和哉 投手(25)がプロ初完封勝利を挙げた。日本ハム相手に4安打1四球6奪三振と危なげなく、自… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

好投しても、それで終わりにはしない。「感覚が良かった、で終わらせないようにして。何が良かったか悪かったかを常に考えているので」。己に誠実に向き合い、野球ノートにしたためている。学びの蓄積も投球に生かしている。結果は初完封も、実は札幌ドームの高めのマウンドは得意ではなかった。「僕は平地になればなるほど好きな感覚なので」。前回の札幌では1回に33球を要したが、この日は早々にフィット。相手の早めの仕掛けもあって4回終了時でまだ39球だった。多くを感じながら、勝てる投手になっていく。【金子真仁】 続きを読む: 日刊スポーツ »

メルケル独首相、退任式に青春時代のヒット曲を選ぶ - BBCニュース

アンゲラ・メルケル独首相の退任式が2日夜、独国防省で行われ、メルケル氏は自分の青春時代のヒット曲を演奏される曲に選んだ。

ヤクルト塩見泰隆がサイクル達成! DeNA牧秀悟に次いでプロ71人目 - プロ野球 : 日刊スポーツヤクルト塩見泰隆外野手(28)が、 プロ野球 71人、76度目のサイクル安打を達成した。初回に右前打を放つと、3回の第2打席に右越えの三塁打、4回に右翼席へ3ラン… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

オリックス・ジョーンズ親族に不幸で近日中に緊急帰国へ 再来日は未定 - プロ野球 : 日刊スポーツオリックスのアダム・ジョーンズ外野手(36)が18日、出場選手登録を外れた。球団によれば米国の親族に不幸があり、近日中に緊急帰国する。西武22回戦(京セラドー… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

西武渡辺勇太朗が危険球退場「大変申し訳ない」伏見の顔面かすめる死球 - プロ野球 : 日刊スポーツ西武の先発・渡辺勇太朗投手が危険球退場に見舞われた。1-1の5回無死一塁の場面。送りバントの構えの打者・伏見に対し、直球があごをかすめた。倒れ込む姿に場内は一… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

ロッテ小島和哉がプロ初完封 自己最多更新8勝目 - プロ野球 : 日刊スポーツ ロッテ 小島和哉 投手(25)がプロ初完封勝利を挙げた。前回登板となった9月11日の楽天戦(ZOZOマリン)でプロ初完投勝利。「前回抑えたから次も抑えられる保証は… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

伝統の一戦 阪神ガンケル-巨人菅野/ライブ速報します - プロ野球 : 日刊スポーツセ・リーグ首位の阪神と3位の巨人が対戦。予告先発は阪神がガンケル、巨人は菅野。試合開始は午後6時の予定。ニッカンスポーツ・コムでライブ速報します。… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 伝統の一戦 阪神ガンケル-巨人菅野/ライブ速報中 kyojin giants hanshin hanshintigers

ヤクルト村上宗隆が史上最年少100号 89年西武清原超え - プロ野球 : 日刊スポーツ歴史に名を刻んだ。ヤクルト村上宗隆内野手(21)が、1回1死、右翼席へ本塁打を放って通算100号を達成した。21歳7カ月での到達は、89年西武清原和博の21歳… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 本当にすごい! 清原さん超えを達成するのは偉大なことだし、むねはヤクルトの誇りだ! おめでとうございます!!! 2年目の守備と三振を無視して使い続けた指揮官とチームに恵まれたところもあるけど 期待以上の結果で返してくれてありがとう 史上最年少100本塁打おめでとうございました。 「日刊スポーツ」のおっしゃる記事によりますと「個人の目標は気にしていない」という勝利のための一振りで、100本目のアーチを描いた。 プロ1号はルーキーイヤーの18年9月16日の広島戦。岡田明丈投手から「プロ初打席初安打初本塁打」となる2ランを放った。第1歩から丸3年で、大台に到達した。」