『リーガル・ハイ』堺雅人の“嘘の重ね方”は、縛られた価値観を覆す。脚本家・古沢良太の心に残るドラマ | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | CULTURE

『リーガル・ハイ』堺雅人の“嘘の重ね方”は、縛られた価値観を覆す。脚本家・古沢良太の名作ドラマを一気見しない?

2022/01/21 14:45:00

『リーガル・ハイ』堺雅人の“嘘の重ね方”は、縛られた価値観を覆す。脚本家・古沢良太の名作ドラマを一気見しない?

実力派の脚本家たちにより優れた作品が次々と生み出されている、 近年の日本ドラマ界。書き手の名で番組を選ぶという人も少

「クレオパトラは、本当に美しかったのか。SNSにあげるスッピンは、本当にスッピンなのか。私何もやってないんですよーと言った人は、本当に何もやっていないのか。真実はファンデーションの下に。コンフィデンスマンの世界にようこそ」 リチャード───────『コンフィデンスマンJP』8話より古沢良太さんの作品は、どの作品にも共通して「嘘」が面白いのが特徴です。『リーガル・ハイ』の古美門(堺雅人)は、法外な報酬を受け取る代わりに、訴訟では絶対に勝つ。新人弁護士の薫真知子(新垣結衣)とともに訴訟をする物語です。古沢さんの特徴がよく表れているのが第8話。名子役の女の子が母親からの束縛を逃れるために親権剥奪の裁判を起こすんですが、どこからが演技でどこからが本心なのか…..。嘘の重ね方が秀逸。古美門さんは、いわゆる「いい人」ではありません。平気で嘘もつき、時には犯罪まがいのこともしますが、一般常識ではない彼なりの倫理や正義がある。それは『コンフィデンスマンJP』のダー子(長澤まさみ)も同様。彼ら詐欺師チームはさまざまな役を演じ、人を騙しては大金を巻き上げますが、それは悪いヤツからで弱者には手を出しません。演技も嘘のひとつ。裏を返せば人って誰でも演じていて、本当の自分なんてないとも言えます。古沢作品の痛快な嘘は、普段私たちが縛られている価値観を気持ちよくぶち壊してくれるのです。

続きを読む: GINZA »

小田原愛美の好きが詰まっている、行きつけの店「memo」etc. | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | CULTUREセンスのいい人たちがこっそり通う店は?GINZAでおなじみのスタイリストやカルチャー界でいま話題の人たちに聞いた。今

G’s FILM REVIEW 濱口竜介監督の短編集『偶然と想像』etc. | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | CULTURE話題の作品『偶然と想像』はもう観た? 「偶然」をテーマに映し出されるのは、観ているこちらが戸惑うほど掘り下げられる人々の対話。突き詰めてもわかりあえない可笑しみと悲しみ、それでもなおスクリーンの中にいる人とほんの少しだけ何かをわかちあったような高揚がある。

映像作家がおすすめ!日本語で楽しめる韓国&台湾トラベルYoutuber:玉田伸太郎さんならではの旅 | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | CULTURE〈お家にいながら海外旅行✈️〉趣味じゃない動画ばっかり見せられて、「はい!どうも~」ってすぐ言うYoutuberノリを嫌いになる前に、僕のおすすめを皆さんに教えます。今回は思い立ったら行けるチョイス。韓国、台湾から、日本語で楽しめる動画をセレクトしました。

G’s ART REVIEW フィンランドデザインの歩みを紹介『ザ・フィンランドデザイン展』etc. | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | CULTURE1月のエンタメをレビュー!GINZA編集部がレコメンドする展覧会をご紹介。 『ザ・フィンランドデザイン展 自然が宿

G’s MUSIC REVIEW 折坂悠太 3年ぶりのアルバム『心理』etc. | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | CULTURE『フレンズ・ザット・ブレイク・ユア・ハート』 リード曲のMVにはビリー・アイリッシュの兄フィニアスが友情出演。若さと勢いに嫉妬心を抱く男の物語の締めに引用されるのはルーズベルトの「比較とは喜びを奪うもの」という言葉で、普遍的な心の闇にそっと手を差し伸べる。

となりの5分メシ vol.28 梅干しと焼き海苔のお味噌汁 | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | FOODなにか作って食べたいけど、時間もないし、めんどくさい。そんな忙しい毎日を頑張るレディへ、永久保存版の楽ちんレシピをお

『リーガル・ハイ』第8話の法廷シーン。親子の親権訴訟の裁判で、 古美門は決別していた弁護士である実父と対決することになる。 「クレオパトラは、本当に美しかったのか。SNSにあげるスッピンは、本当にスッピンなのか。私何もやってないんですよーと言った人は、本当に何もやっていないのか。真実はファンデーションの下に。コンフィデンスマンの世界にようこそ」 リチャード ───────『コンフィデンスマンJP』8話より 古沢良太さんの作品は、どの作品にも共通して「嘘」が面白いのが特徴です。『リーガル・ハイ』の古美門(堺雅人)は、法外な報酬を受け取る代わりに、訴訟では絶対に勝つ。新人弁護士の薫真知子(新垣結衣)とともに訴訟をする物語です。古沢さんの特徴がよく表れているのが第8話。名子役の女の子が母親からの束縛を逃れるために親権剥奪の裁判を起こすんですが、どこからが演技でどこからが本心なのか…..。嘘の重ね方が秀逸。古美門さんは、いわゆる「いい人」ではありません。平気で嘘もつき、時には犯罪まがいのこともしますが、一般常識ではない彼なりの倫理や正義がある。それは『コンフィデンスマンJP』のダー子(長澤まさみ)も同様。彼ら詐欺師チームはさまざまな役を演じ、人を騙しては大金を巻き上げますが、それは悪いヤツからで弱者には手を出しません。演技も嘘のひとつ。裏を返せば人って誰でも演じていて、本当の自分なんてないとも言えます。古沢作品の痛快な嘘は、普段私たちが縛られている価値観を気持ちよくぶち壊してくれるのです。 『リーガル・ハイ』(12) 人間性が最悪だが法廷では必ず勝つ敏腕弁護士の古美門研介(堺雅人)と、彼に仕える正義感の強い熱血新米弁護士の黛真知子(新垣結衣)が衝突しながらも協力し、あらゆる訴訟を勝利に導いていく法廷ドラマ。エキセントリックな古美門と真面目な黛の二人が早口で口論するシーンは話題となった。*DVD・BD発売中 『コンフィデンスマンJP』(18) 美しいけどハニートラップが苦手なダー子(長澤まさみ)、真面目で小心者のボクちゃん(東出昌大)、抜群の変装技を持つリチャード(小日向文世)のコンフィデンスマン(信用詐欺師)が、悪いことをしてお金を稼ぐマフィアのボスや悪徳企業などから大金を騙し取る、一話完結の痛快ストーリー。*FODなどにて視聴可 Profile