「辛いものの食べ過ぎで体を壊すことはあるのか?」を医学の専門家が回答、長期的な認知機能に影響があるとの研究結果はどう受け取るべきか?

「辛いものの食べ過ぎで体を壊すことはあるのか?」を医学の専門家が回答、長期的な認知機能に影響があるとの研究結果はどう受け取るべきか?

2021/09/19 14:00:00

「辛いものの食べ過ぎで体を壊すことはあるのか?」を医学の専門家が回答、長期的な認知機能に影響があるとの研究結果はどう受け取るべきか?

唐辛子が入った料理を食べてあまりの辛さに苦しんだり、翌日トイレで悲鳴を上げることになったりした経験のある人は多いはず。健康にいいと言われている唐辛子の辛味成分・カプサイシンが人体に悪影響を及ぼすことはあるのかについて、医学の専門家が解説しました。

人間を含む哺乳類はカプサイシンからやけどのような刺激を感じますが、鳥類は感じないことが分かっています。そのため、「植物がカプサイシンを合成するようになったのは、哺乳類による食害を防ぎつつ鳥類に食べてもらい、遠くに種を運んでもらうためだ」という説が有力視されています。一口に「人間」と言っても、激辛料理が好きな人もいれば辛いものが苦手な人もいますが、これには遺伝的要因が絡んでいるとの指摘があります。双生児の被験者らに普通のイチゴゼリーとカプサイシンを添加したイチゴゼリーを食べ比べてもらった2012年の

「Pokemon LEGENDS アルセウス」ゾロア、ゾロアークの新たな姿がお披露目 - ライブドアニュース 除草剤を使わない「草刈り」に注目 予想以上の人気でヤギが足りず - ライブドアニュース 英会話教材「スピードラーニング」が事業終了 理由は「諸般の事情」 - ライブドアニュース

では、辛いものの好みに関する遺伝的な傾向があると結論づけられました。またモロ氏らによると、辛いものを食べ続けると、カプサイシンによる刺激にある程度耐性が付くとのことです。 続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

【動画】エスカレーター 歩行での事故に注意

【NHK】エスカレーターやエレベーターなど昇降機を製造する会社などでつくる日本エレベーター協会によりますと、エスカレーターでの「転…

*やその付近がただれる。胃もやられる。でも食後のサティスファクションがたまらない。更に辛くして食う⇒エンドレスリピートだと脳もだめになる?