「証言続ける姿に刺激」 広島で遺構紹介11年―被爆2世の多賀俊介さん:時事ドットコム

2022/08/13 7:40:00

「高齢でも証言しようと頑張る被爆者に刺激をもらってきた」。広島市の多賀俊介さん(72)は「ヒロシマピースボランティア」の一員として、これまで約11年にわたり被爆遺構などの紹介をしてきました。

ニュース, 時事ドットコム

「高齢でも証言しようと頑張る被爆者に刺激をもらってきた」。広島市の多賀俊介さん(72)は「ヒロシマピースボランティア」の一員として、これまで約11年にわたり被爆遺構などの紹介をしてきました。

「高齢でも証言しようと頑張る被爆者に刺激をもらってきた」。広島市の多賀俊介さん(72)は「ヒロシマピースボランティア」の一員として、これまで約11年にわたり被爆遺構などの紹介をしてきた。個人的に依頼されたものを含めると、これまで話してきた相手は約750人。自身も被爆2世で、親の世代に当たる被爆者の姿を見習いながら、今後もガイドを続ける考えだ。

「退職したから関係ないなんてあり得ない」と、定年後はガイドを始めた。普通の人々の暮らしが一瞬で壊滅したことを想像してもらうため「今歩いているところは昔どんな場所だったのか。その上を歩くとはどういうことか一緒に考えよう」と話し掛けてきた。ガイドの際、必ず訪れる場所の一つが平和記念公園内にある「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」だ。広島市は当時「軍都」として陸軍の重要施設や部隊が置かれ、朝鮮半島から来た人々も軍の施設や地下壕の建設に加わったが、原爆投下で多くが命を落とした。

続きを読む:
時事ドットコム(時事通信ニュース) »

コスタリカ戦 道内サポーター各地で声援 敗戦に「次こそ」:北海道新聞 どうしん電子版

「うそでしょ」「マジか」。27日のサッカーワールドカップ(W杯)1次リーグで、日本はコスタリカに0―1で敗れた。初戦の強豪ドイツ戦の金星に続く勝利を予想していただけに、試合を見守った道内各地のサポー... 続きを読む >>

ミャンマー軍トップと会談 渡辺元復興相:時事ドットコム【バンコク時事】ミャンマー国営紙によると、クーデターで権力を握った国軍のミンアウンフライン総司令官が11日午後、首都ネピドーで自民党衆院議員の渡辺博道元復興相と会談した。昨年2月の政変後、日本の現職国会議員と会ったのは初めてとみられる。 日本政府から見ると、 ミャンマー市民の抵抗運動は 『力による現状変更で容認できない』 そんなモノなのかもしれない。 民政も軍政も少数民族しばくのは変わらんし、日本政府のスタンス的に内政関与はできんからなあ

中国新車販売、29.7%増 政府支援策が寄与―7月:時事ドットコム【北京時事】中国自動車工業協会が11日発表した7月の新車販売台数は、前年同月比29.7%増の242万台だった。政府による自動車購入支援策が寄与。2カ月連続のプラスとなり、伸びも前月から拡大した。

台湾、2回目の重砲訓練実施 今月中にミサイル試射も:時事ドットコム【台北時事】台湾国防部(国防省)によると、陸軍は11日、南部・屏東県で定例の重砲射撃訓練を実施した。ペロシ米下院議長の台湾訪問に反発した中国が台湾周辺で軍事演習を繰り返し威嚇を強める中、9日に続く2回目の訓練も予定通り行った。

リトアニア高官訪台に反発 「断固反撃する」―中国:時事ドットコム【北京時事】中国外務省の汪文斌副報道局長は11日の記者会見で、台湾を訪れたリトアニアの運輸・通信副大臣らに対し「強く非難する。断固として反撃する」と反発した。同副大臣らの一行は7日から5日間の予定で訪台した。

原発対岸に砲撃、市民13人死亡 大統領、徹底抗戦の構え―ウクライナ:時事ドットコム【パリ時事】ウクライナ南東部ドニプロペトロウシク州のレズニチェンコ知事は10日、ザポロジエ原発を占拠しているロシア軍の砲撃により、原発の対岸にある複数の町で市民計13人が死亡したと通信アプリで明らかにした。ウクライナ大統領府のイェルマーク長官は、ロシア軍が原発を「核の盾」に使って砲撃していると非難。ゼレンスキー大統領は「うやむやにしてはおかない」と強調し、徹底抗戦する構えを示した。 ウクライナ大統領府のイェルマーク長官は、ロシア軍が原発を「核の盾」に使って砲撃していると非難。ゼレンスキー大統領は「うやむやにしてはおかない」と強調し、徹底抗戦する構えを示しました。

国内感染、累計1500万人 3日連続20万人超―新型コロナ:時事ドットコム国内の新型コロナウイルス感染者は11日、新たに24万人余りが確認され、累計で1500万人を超えた。1日当たりの新規感染者は3日連続で20万人を上回った。 なんの意味もない数字の羅列で何を言おうとしてるのかわかりませんが、時事通信ってもう便所の落書きと同じですね。それなりのメディアの体で色々発信してるけど、便所の落書き。累計ってなんだよw

多賀さんは広島県呉市に生まれ、父親は原爆投下後、親族を捜しに広島市を訪れて被爆した。広島市の中学と高校で社会科教員として働き、人権や平和の大切さを生徒に教えてきた。 「退職したから関係ないなんてあり得ない」と、定年後はガイドを始めた。普通の人々の暮らしが一瞬で壊滅したことを想像してもらうため「今歩いているところは昔どんな場所だったのか。その上を歩くとはどういうことか一緒に考えよう」と話し掛けてきた。 ガイドの際、必ず訪れる場所の一つが平和記念公園内にある「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」だ。広島市は当時「軍都」として陸軍の重要施設や部隊が置かれ、朝鮮半島から来た人々も軍の施設や地下壕の建設に加わったが、原爆投下で多くが命を落とした。 多賀さんは碑の前で「なぜ朝鮮半島の人々がここで亡くならざるを得なかったか考えてほしい」と呼び掛けている。背景にあるのは戦前、コークス製造会社を経営していた父が朝鮮人を雇っていたことや、幼い頃に朝鮮人を冷やかす歌を口ずさんでいた自身の記憶だ。「自分は差別してきた立場にある。亡くなった一人ひとりに思いを巡らせたい」と話した。 ..中国新車販売、29.7%増 政府支援策が寄与―7月 小.地元メディアは、訓練では155ミリ榴弾(りゅうだん)砲40門が、敵の上陸阻止を想定し台湾海峡に向けて実弾を発射したと伝えた。 台湾では今月18、19両日と25、26両日の計4日間にも、国防技術開発機関の「国家中山科学研究院」が屏東県でミサイルの試射を予定している。7月に公表されていたもので、中国と向かい合う台湾海峡とは反対側の東部海域に向けて発射する。ただ、中央通信社によると台湾の東方沖には現在も中国軍艦4隻が滞留しており、試射が延期や中止となる事態も予想される。.