「私たちにはもう時間がない」 つらい記憶を抱える88歳が見つけた希望 女子高生に託されたバトン | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

2022/06/23 3:35:00

「私たちにはもう時間がない」 つらい記憶を抱える88歳が見つけた希望 女子高生に託されたバトン #沖縄戦 #慰霊の日 #沖縄が祈りに包まれる日 #okinawa #沖縄

「私たちにはもう時間がない」 つらい記憶を抱える88歳が見つけた希望 女子高生に託されたバトン 沖縄戦 慰霊の日 沖縄が祈りに包まれる日 okinawa 沖縄

[戦後77年] 沖縄戦の語り部として、平和の大切さを訴え続ける玉木利枝子さん(88)は2年前、平和への思いをつづった中学生の新聞投稿に感動し、手紙と体験記を送った。中学生は今、開邦高校2年生になった。金城陽詩(ひなた)さん(17)。

拡大する (下)玉木さんからの手紙を前に「受け継いだ記憶と思いを伝えたい」と話す金城陽詩さん=21日、沖縄タイムス社(画像の一部を加工しています) 沖縄戦の語り部として、平和の大切さを訴え続ける玉木利枝子さん(88)は2年前、平和への思いをつづった中学生の新聞投稿に感動し、手紙と体験記を送った。中学生は今、開邦高校2年生になった。金城陽詩(ひなた)さん(17)。玉木さんとのやりとりをつづった作文が今年の「児童・生徒の平和メッセージ」の作文部門高校生の部で最優秀賞を受賞した。慰霊の日の23日、メッセージを展示する糸満市の平和祈念資料館で読み上げる。「受け継いだ記憶と思いを伝えていきたい」。託されたバトンをつないでいく。(社会部・當銘悠) 交流のきっかけは金城さんに届いた一通の封筒。玉木さんの体験記が入っていた。破壊されるまち。次々と犠牲になる家族。道に折り重なる遺体-。戦場の様子が克明に記されていた。 「たった10歳で体験したことなんだ」。読むのがつらい。危機感も抱いた。「私たちが記憶を受け継がなければ、薄れていってしまう」 幼少期から曽祖母の戦争体験を聞いていたが、詳細を教えてもらう前に亡くなってしまった。「沖縄戦を詳しく知らない自分に何ができるのか」。そんな戸惑いを抱えていた。 玉木さんからの手紙にはこう書かれていた。「私たち実体験者にはもう時間がありません。でも、貴方(あなた)がいる。受け継ぐ使命感にあふれる貴方がいる。ありがとう」。思いを託されたようで、背中を押された。 何度か文通を続けてきた。「伝えようという思いがうれしい」という玉木さんの言葉に「学び、感じてきたことをちょっとでもいいから自分の言葉で伝えられたら」と思っている。 将来は外交関係の仕事や国連で働くのが夢だ。「平和への思いを胸に、世界中で困っている人を支援したい」。来月からは米国留学を予定する。現地の人たちと歴史や思いを共有することで、視野を広げたいと目標を語った。 10年以上、ガイドとして活動してきた玉木さん。子どもたちに自分の体験を伝える時は、当時の状況を想像してほしいから語りかけている。「あなたたちは砲弾が飛び交う中にいたくないでしょ」「自分たちが置かれる社会をしっかり構築していってほしい」。次世代へ、思いを託している。.Copyright (c) 2022 The Okinawa Times All rights reserved.来年1月に3年ぶりとなる「KOBE夢・未来号・沖縄」を予定していることを報告した(左から)清水義一事務局長、久利計一会長、事務局の北畑雅敏さん=21日、沖縄タイムス社 第15回となる来年1月予定の沖縄旅行では、美ら海水族館見学や本部町内でのカンヒザクラ植樹、神戸出身で沖縄戦当時の県知事・故島田叡氏らをまつった「島守の塔」の参拝などを計画しているという。 久利さんは「現地で風や光を感じながら、沖縄を知ってもらいたい」と期待。事務局長の清水義一さん(神戸サンセンタープラザ代表取締役)は「長年続いてきた事業。精いっぱいやっていきたい」と話した。 第13、14回はコロナ禍で沖縄には来られなかった。両方の参加者を対象に、沖縄旅行の代わりに来月、宮崎旅行を企画していることも報告した。(社会部・當銘悠).Copyright (c) 2022 The Okinawa Times All rights reserved.

続きを読む:
沖縄タイムス »
Loading news...
Failed to load news.

沖縄の天気予報(6月22日)高気圧に覆われて晴れ | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス22日の沖縄地方は、高気圧に覆われておおむね晴れるでしょう。所によりにわか雨か雷雨がある見込みです。 沿岸の海域では、沖縄本島地方と先島諸島は波がやや高く、大東島地方では多少波があるでしょう。(6月21日16時42分 沖縄気象台発表)。

神戸の子 沖縄に招待へ ひと街創り協議会 来年1月、3年ぶりに実施 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス「KOBE三宮・ひと街創り協議会」の久利計一会長らが21日、沖縄タイムス社を訪れ、神戸市内の児童養護施設の子どもたちを沖縄旅行に招待する「KOBE夢・未来号・沖縄」を来年1月、3年ぶりに実施することなどを報告した。

ピンクのカプセルふわり 美ら海水族館 21年連続でサンゴ産卵 「繁殖展」も開催 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス【本部】本部町の沖縄美ら海水族館は9日、館内の水槽「サンゴの海」で、サンゴが産卵したと発表した。沖縄本島近海では5~6月の満月付近に産卵が行われるという。同水槽での産卵の確認は21年連続。 産卵が確認されたのは8日夜。飼育スタッフが水槽内の一部のサンゴで産卵の始まりを確認。

沖縄で1人死亡 新たに1421人感染 新型コロナ 累計24万人超える【6月21日昼】 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス沖縄県は21日、新型コロナに感染していた1人が死亡したと発表した。また1421人の感染を確認した。先週の同じ曜日(14日)の1342人に比べて79人増えた。累計感染者は24万712人となった。 直近1週間の人口10万人当たり新規感染者は20日時点で544.00人で全国最多。

参院選はきょう公示 沖縄選挙区では伊波・古謝氏が激戦へ | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス7月10日投開票の第26回参院選が22日、公示される。沖縄選挙区には、「オール沖縄」勢力が推す現職の伊波洋一氏(70)=無所属=と、自民党公認で新人の古謝玄太氏(38)=公明推薦=が立候補を表明しており、両氏による事実上の一騎打ちとなる公算。 古謝げんた氏は「自民党の資金力」と「豊富な運動員」で余裕の展開を繰り広げてます☺️ 古謝氏は余裕💪なんです。 「世の中は金だ」を見せつけてもらってます!!! ないのは 「チムグクル」だけですね😭 参院選2022

世界的な旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」 沖縄の東南植物楽園が日本一に選ばれた理由とは? | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス世界的な旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」が発表した「2022トラベラーズチョイス ベスト・オブ・ザ・ベストツアー・アクティビティ」の人気の観光スポットで、沖縄市にある美らヤシパークオキナワ・東南植物楽園(宮里高明園長)が、初めて日本で1位に選ばれた。アジアでも14位となった。発表は14日付。