「無理に幸せにならなくてもいい」とあえて理想から離れて過ごすことでより幸せになる方法

「無理に幸せにならなくてもいい」とあえて理想から離れて過ごすことでより幸せになる方法

2022/01/23 11:00:00

「無理に幸せにならなくてもいい」とあえて理想から離れて過ごすことでより幸せになる方法

誰しも自分の理想像を夢見て、そんな自分になりたいという思いを抱くもの。理想と現実がかけ離れていることに恥ずかしさや罪悪感を覚える人も多いはずですが、「『あえてだらけた自分でいること』でより幸せになる可能性がある」とニュースメディア・The Guardianのレベッカ・シール氏は論じ、その方法について説明しています。

」という社会運動が活発に行われるようになってきています。これは、「肌が白い」「スリム」といったヨーロッパ化された美の理想像から人々を解放し、体型や肌の色、性別に関係なく全ての体を受け入れることに焦点を当てた運動です。この運動は「ステレオタイプからの脱却が肯定される」という意見がある一方、「自身の見栄えが悪いと感じている人はより心理的にネガティブになる」という指摘があります。自分の体を肯定するボディ・ポジティブに対し、自分の体を中立的に受け止めることを「ボディ・リベレーション(体の解放)」と言います。ボディ・リベレーションという運動を提唱したクリシー・キング氏は、ボディ・ポジティブについて「何がどうあれ自分を愛するという考えは、少し太った程度の白人女性に取り上げられているものであり、『自分は理想から遠い』と感じている人々にとっては取っつきやすいものではありません」と主張。「黒人やトランスジェンダー、体に障がいを抱えた人は、心から自分を愛することはできても、だからといって社会的な抑圧に直面しないわけではありません。問題は自分の体を愛し、受容し、そしてその抑圧を解放するために行動できるかどうかです」とキング氏は示しました。

続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

ボディ・ポジティブ 」という社会運動が活発に行われるようになってきています。これは、「肌が白い」「スリム」といったヨーロッパ化された美の理想像から人々を解放し、体型や肌の色、性別に関係なく全ての体を受け入れることに焦点を当てた運動です。この運動は「ステレオタイプからの脱却が肯定される」という意見がある一方、「自身の見栄えが悪いと感じている人はより心理的にネガティブになる」という指摘があります。 自分の体を肯定するボディ・ポジティブに対し、自分の体を中立的に受け止めることを「ボディ・リベレーション(体の解放)」と言います。ボディ・リベレーションという運動を提唱したクリシー・キング氏は、ボディ・ポジティブについて「何がどうあれ自分を愛するという考えは、少し太った程度の白人女性に取り上げられているものであり、『自分は理想から遠い』と感じている人々にとっては取っつきやすいものではありません」と主張。「黒人やトランスジェンダー、体に障がいを抱えた人は、心から自分を愛することはできても、だからといって社会的な抑圧に直面しないわけではありません。問題は自分の体を愛し、受容し、そしてその抑圧を解放するために行動できるかどうかです」とキング氏は示しました。 自分の見た目に関してはついつい理想が高くなってしまうものですが、シール氏はキング氏の考え方を踏まえたうえで、過度なダイエットをしたり、逆に無理に自分の体を肯定したりするでもなく、「中立的に捉えること」を推奨しています。 ◆否定的な感情を否定しないこと 次に、シール氏は「否定的な感情を愛することを学ぶこと」が「否定的な感情を愛することを学ぶこと」が大切だと提唱。1つの感情を抑制してしまうとほかの全ての感情をも抑制してしまうので、1つ1つの感情を受け入れ、幾度も起こりうるネガティブなイベントに上手に付き合っていくことが大切だと述べています。 ◆整理整頓が必ずしも大事なわけではない