「死亡した家族にはがきが届いている」…市が132人に衆院選通知を誤発送 : 【衆院選2021】衆議院議員総選挙 10月19日公示31日投開票 : 選挙・世論調査

「死亡した家族にはがきが届いている」…市が132人に衆院選通知を誤発送 #選挙

選挙, 愛知県一宮市

2021/10/21 12:05:00

「死亡した家族にはがきが届いている」…市が132人に 衆院選 通知を誤発送 選挙

愛知県一宮市 選挙管理委員会 は20日、死亡者や転出者ら計132人に 衆院選 の通知はがきを誤発送したと発表した。 内訳は、死亡29人、転出者25人、市内転居者78人。複数の市民から19日以降、「死亡した家族にはがきが届いてい

内訳は、死亡29人、転出者25人、市内転居者78人。複数の市民から19日以降、「死亡した家族にはがきが届いている」などと連絡があり、誤りがわかった。委託業者が、2019年8、11月の住民データを更新して選挙人名簿を作成する際、死亡者ら132人のデータの異動処理を正しくできなかったという。

続きを読む: 読売新聞オンライン »

絶え間ない砲撃浴びる村に女性が……BBC取材陣、ウクライナ東部から現地報告 - BBCニュース

BBCのサマヴィル中東特派員とコンウェイ映像記者は、ロシア軍の部隊が集まる東部イジュームの端で、ウクライナの地域防衛部隊に合流した。 続きを読む >>

不正選挙?!💦 ホラーだ、、、

[衆院選2021]序盤情勢 北関東(小選挙区・比例) : 【衆院選2021】衆議院議員総選挙 10月19日公示31日投開票 : 選挙・世論調査1区は、福島と田所が激しく競り合う。前回、希望の党から出馬した福島は無所属で出馬。立民支持層の8割以上、共産支持層の約6割に浸透する。田所は法務副大臣を務めた実績をアピールし、与党支持層に加え、浮動票の掘り起こしを狙う。

[衆院選2021]序盤情勢…北海道(小選挙区・比例) : 【衆院選2021】衆議院議員総選挙 10月19日公示31日投開票 : 選挙・世論調査1区は、道下と船橋が横一線の戦い。道下は前回、横路孝弘元衆院議長の後継として出馬し、1区で勝利した。立民支持層の9割以上を固め、共産支持層にも浸透している。船橋は自民、公明支持層の7割以上を固め、若い世代の支持を集めてい

[衆院選2021]序盤情勢…近畿(小選挙区・比例) : 【衆院選2021】衆議院議員総選挙 10月19日公示31日投開票 : 選挙・世論調査1区は、大岡と斎藤が一歩も譲らない展開。大岡はコロナ禍でもオンライン集会を重ね、若年層への浸透を図る。斎藤は、川端達夫元衆院副議長の地盤を引き継いだ。川端の出身母体の労組などへの浸透を目指す。 2区は、上野と田島が横一線 こういう報道って選挙投票に 行く気を失くさせる効果しか ないよね 読売ってテロ組織かよ 日本国憲法において、主権は国民 利権や特権階級の形成を狙う、自民党が好き勝手にあたかも独裁政権のような振る舞いは許されない 象徴天皇制は国民の創意で成り立っているもの、結婚騒動を通じて果たして皇室は象徴として相応しいのか? 相応しくないなら国民の総意が無い。国民投票してみてはどう

党首第一声をAIで「見える」化、言葉に浮かび上がる政治姿勢や政策の違い : 【衆院選2021】衆議院議員総選挙 10月19日公示31日投開票 : 選挙・世論調査 衆院選 の第一声で、各党党首が用いた言葉を分析すると、与野党とも主要争点の「コロナ」「経済」に何度も言及する一方、政治姿勢や重視する政策の違いが浮かび上がった。 演説で多く使われた言葉などを大きな文字で表示する手法を使い 言葉は嘘をつく😭😭😭

衆院選の女性候補は前回より少ない17・7%…政府目標は「25年までに35%」 : 【衆院選2021】衆議院議員総選挙 10月19日公示31日投開票 : 選挙・世論調査読売新聞社の調べでは、今回の 衆院選 立候補者1051人のうち、女性候補者は186人で全体の17・70%だった。2017年の前回選と比べて23人少なく、割合も0・01ポイント下回った。 今回の 衆院選 は男女の候補者数の均等を

党首第一声をAIで可視化、浮かび上がる政治姿勢や政策の違い : 【衆院選2021】衆議院議員総選挙 10月19日公示31日投開票 : 選挙・世論調査 衆院選 の第一声で、各党党首が用いた言葉を分析すると、与野党とも主要争点の「コロナ」「経済」に何度も言及する一方、政治姿勢や重視する政策の違いが浮かび上がった。 演説で多く使われた言葉などを大きな文字で表示する手法を使い 6党だけか。残りもしてあげて。面白い予感がする。それとも、してあるけど掲載できないレベルだったとか?

愛知県一宮市選挙管理委員会は20日、死亡者や転出者ら計132人に衆院選の通知はがきを誤発送したと発表した。 内訳は、死亡29人、転出者25人、市内転居者78人。複数の市民から19日以降、「死亡した家族にはがきが届いている」などと連絡があり、誤りがわかった。 委託業者が、2019年8、11月の住民データを更新して選挙人名簿を作成する際、死亡者ら132人のデータの異動処理を正しくできなかったという。 同市選管は計132人について投票できないよう処理した上で、有権者である市内転居者78人には、改めて新しい通知はがきを郵送した。