「本がある場所」のチカラ 人をつなぐミニ書店・図書館

「本がある場所」のチカラ 人をつなぐミニ書店・図書館

2021/07/25 20:11:00

「本がある場所」のチカラ 人をつなぐミニ書店・図書館

電子書籍が当たり前の時代にあっても、紙の書籍を求める人たちがいる。デジタルと違い、紙の本は単に視覚で情報を得る手段ではない。表紙の手触り、ページをめくる音、インクの匂い。様々な感覚を通して人の心にしみ通り、眠っていた感情や記憶を呼び覚ます。新型コロナの感染拡大で人と人の物理的な距離を取る必要がある時代だからこそ、モノとしての本を介したゆるやかなつながりにも光が当たっている。

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

秋元司衆院議員に懲役4年の実刑判決 IR汚職事件 東京地裁 | NHKニュース

【NHK】IR・統合型リゾート施設の事業をめぐる汚職事件で、収賄と証人買収の罪に問われた秋元司衆議院議員に東京地方裁判所は懲役4年…

「がん患者にも優しく」 「行間にも心くばり」 電子書籍が普及するいまも「紙の本」が優勢の人文書・文芸書。裏方で紙の良さを引き出す、若手編集者の取り組みを追いました。 日経STORY 今こそイケてる!紙の本(2)