「政府の説明ころころ変わる」 ワクチンで戸惑う自治体

「政府の説明ころころ変わる」 ワクチンで戸惑う自治体

2021/04/18 23:13:00

「政府の説明ころころ変わる」 ワクチンで戸惑う自治体

「どうしたらワクチンを受けられるんですか」。仙台市が設置したコールセンターは電話が鳴りやまない。3月末に65歳以上の高齢者27万人に接種券を発送したものの、当面、接種できるのは施設入居者のみ。多くの高齢者は自分がいつ打てるのか分からない。問い合わせは1日3000件を超えることもある。とにかく情報が足りない。厚生労働省の担当部署では自治体への返信が滞ったメールが一時1000件を超えた。6月末まで

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

「お前が中国ウイルスだ」 イギリスでも増えたアジア系へのヘイト - BBCニュース

新型コロナウイルスのパンデミックを機に欧米諸国でアジア系住民への人種差別が悪化する中、イギリスでのこうした差別があらためて問題視されている。

流動的な事態には、流動的に対処しましょう。仕方ないじゃん。地方自治体も柔軟になれ。 残念ながらこのワクチンは遺伝子操作物質そのもの。この遺伝子ワクチンを接種した人の孫の代まで遺伝的異常が出ないことを見届けてから接種するか考えるわ。 異常が出ても、エライ先生が「ワクチンと副作用の因果関係を示す証拠はない」と言われ終了。 もう誰も使わなくなった「制度疲労」という言葉を思い出した。彼ら特に上層部は自分が疲れていることすら気づいていないんだよ。国も自治体もそのまま行き着くところまで行っちゃったほうがいいかも。行政が崩壊した後にやっと希望が出てくるだろう。 우리는 십자가와 보혈의 복음으로 돌아가야 합니다. 심판이 다가오고 있습니다. MidNightHourRevival