政治, 政治一般, 最新の政治ニュース, 国会

政治, 政治一般

「必要なのは国会改革ではない」 モラル崩壊、前衆院事務総長が語る意外な「処方箋」 - 毎日新聞

国会議員の間で、審議とは無関係の娯楽小説を読んだり、スマホで趣味のウェブサイトを見たりするなどのモラル違反が横行しています。元衆院事務総長の向大野新治氏は、その背景に「緊張感のない政治」があるとの見方を示しました。

2020/07/26 12:40:00

国会議員の間で、審議とは無関係の娯楽小説を読んだり、スマホで趣味のウェブサイトを見たりするなどのモラル違反が横行しています。元衆院事務総長の向大野新治氏は、その背景に「緊張感のない政治」があるとの見方を示しました。

国会議員の間で、審議とは関係のない娯楽小説を読んだり、スマートフォンで趣味のウェブサイトを見たりするなどのモラル違反が横行している。2019年まで衆議院事務局トップの事務総長を務めた向大野新治・学習院大特別客員教授(政治学)が取材に応じ、「誰が見ても問題だ」としつつも、質疑に関係のない議員の審議出

問題でも、目くじらを立てるほどでも国会は議員の自主的な運営が原則だから、各党が申し合わせて、所属議員にやめるよう注意喚起すべきだろう。しかし、この種の行為は注意されたらやらなくなるが、時間がたち選挙で新しい議員が入ってきたりするとまたはやり出す。目に付くようになるたびに注意喚起して、個々の議員に気を引き締めてもらうしかない。一方で、あまり目くじらを立てるのもどうかと思う。議員は忙しい。衆院議員なら委員会を三つ、四つ兼務している。質問する機会があればその準備も必要だ。朝早くから党の部会に参加し、いろいろな勉強会にも顔を出す。その合間に陳情者らとの面会もある。国会の審議中ぐらいしか息抜きする時間がないという事情もあるのだと思う。

関東 台風12号が次第に接近 対策は早めに あす夜から雨脚強まる(日直予報士) コロナ倒産500件超す…9月に加速、全都道府県に 4連休で人出増加 「油断せず濃厚接触避けて」専門家 | NHKニュース

熱気の中で決めるのが大事国会の実態やあり方について語る向大野新治さん=東京都千代田区で2020年6月29日、藤井太郎撮影議員の問題行為の背景に国会の仕組みがあるとすれば、審議の成立に必要な出席議員の数、つまり定足数のルールだろう。本会議は「3分の1以上」、各委員会では「半数以上」の出席が必要だ。イギリスやドイツ、アメリカの議会は定足数のルールが緩いから議場に来る議員はとても少ないが、日本では定足数に満たないと審議がストップするため厳格に守られてきた。だからどうしても質疑を聞くだけの議員が多くなる。つまらない質疑が続くと小説などを読む議員が必ず出てしまうのだ。

こうした問題が起こると、座っているだけの時間は無駄だから、外国をまねて定足数を減らせばいいとの国会改革論が出てくる。だが、私は絶対に反対だ。議員は議場に来て顔を合わせるべきだ。国政にかかわる重大事はみなが一つの場所に集まって熱気のある中で決めていくのが大事だ。採決の際の少々の混乱も時にはあっていい。最後は多数決で決まっても、少数派の国民のために体を張って反対する議員がいることが伝わる。その光景をみなが共有できてこそ、国民の一体感が維持される。議員が議場に来なくなると、数字による勝敗しか見えなくなる。反対する人たちの存在が感じられなくなる。それは国会の在り方として私は間違っていると思う。

国会は権力闘争の場だ国会審議の形骸化の原因として、与党が国会に提出される前の法案をあらかじめ審査して承認する「事前審査制」がやり玉にあげられる。与党議員は国会で質問する必要がなくなり、野党の質問を聞くだけだから、審議が「通過儀礼」になっているという指摘だ。確かにそうした面もあるが、大事なことを見落としている。国会の最大の役割は国家意思の決定ではない。それを行う国の統治者である首相を選び出すことだ。つまり権力闘争の場なのだ。与党議員がばらばらに発言すると、首相の求心力が働かず、野党につけ込まれてしまう。これを防ぐための党議拘束の一つが事前審査制なのだ。権力闘争の視点からすれば当然の戦術だろう。

自由討論ではいい質疑にならない審議の活発化には、個々の議員による自由な討論が必要だとも言われる。だが、党としての姿勢を決めておかないと、論点がずれて拡散するなど、いい質疑にならない。疑問視されることのある質問の事前通告制も、それがないと答える政府側が立ち往生してしまう。自由な議論と言えば、聞こえはいいが、国会がかえって形骸化しかねない。与野党の国会対策委員長が水面化の話し合いで審議時間などを決めてしまう「国対政治」も、料亭政治のようだと批判される。これも、数の力で押し切って国会が回らなくなった過去の教訓から生まれた野党対策だ。他国では与党内の意見をまとめることしか考慮されず、こうした少数野党への配慮などまったくみられない。

国会改革、今は必要なし国会が担う国政調査や監視機能にしても、外国の方が優れているということはない。例えば、米国のトランプ大統領が何か問題を起こしても議会に呼ばれて質問を受けることは全くない。日本では安倍首相がどんな問題でも議会で追及される。日本の国会の慣習的制度を改める改革が必要だという声があるが、私は今のところ必要ないと思っている。日本の国会は外国と比べても機能している方だからだ。問題の背景に緊張感のない政治国会の実態やあり方にについて語る向大野新治さん=東京都千代田区で2020年6月29日、藤井太郎撮影

ではなぜ、娯楽小説を読んだり、スマホをいじったりする行為が目につくようになっているのか。それは、今の政治に緊張感がないことが背景にあると思う。議場で長年、議員たちを見てきた私の経験から言えば、旧ソ連の崩壊後、世界がグローバル経済化して、日本でも自民党と社会党のなれ合いだった55年体制が終わりを迎えた。すると、国会の雰囲気がガラリと変わった。政権交代を可能にする小選挙区制度の導入もあって議場が戦いの場になり、敵の大将をどう打ち落とすかの勝負になった。ヤジ合戦が激しくなり、緊張感に満ちた。質疑をきちんと聞いて野党の追及をヤジで撃退しなくてはならない。小説などを読んでいる場合ではない。つまり権力闘争こそが議会を活性化させる。

コンロも放置 違反BBQの実態 - Yahoo!ニュース 台風12号 24日に関東最接近か - Yahoo!ニュース HKT48・村重杏奈 コロナ感染 - Yahoo!ニュース

ところが、今の政治はどうか。野党が分裂して与党の対抗勢力になれていない。ポピュリズム政治で政権交代を実現した民主党政権の失敗が尾を引いていまだ立ち直れていない。与党側も、野党につけいる隙(すき)を与えたくないから、国民の反発を買ってでも通さなくてはならない法案を出さなくなっている。だから緊張感があまりない。そして、政治より小説やスマホを大事にする議員が相次ぎ、目にあまるほどになっているのだ。 続きを読む: 毎日新聞 »

イタリアのファッション業界は人種差別的か 困難に立ち向かうデザイナー - BBCニュース

近年、多くの移民が流入したため、イタリアは以前よりも多様性に富んだ国になった。しかし、同国のファッション協会の会員113人のうち、黒人はステラ・ジャンさんただ1人だという。

まともな国会議員の方が少ないのです。むしろまともな人を探す方が難しい。見よ!いまだ上の方の立場に居座る時代錯誤の腐ったご老体たちを。 いやいや改革して下さいよ。 緊張感ほしいみたいですよ。みなさん 展開の早い会社だと普通に会議しながら別のメール見ている人いるよ。話についてけなかったらほっぽり出されるだけ。 情報収集の可能性もあるから一概に悪いとは言えないかな。 そこら辺て、会社なら上司がわかるはず。党が見てて馬鹿な人公認しなければいいんじゃない?国民の監視は言うまでもなく。 tkatsumi06j 《私は今のところ必要ないと思っている。日本の国会は外国と比べても機能している方だからだ》 😂 HYamaguchi 「政治に足りないのは緊張感」 野党側がもっとガチンコで喧嘩するという姿勢を見せれば、与党側だってやりたいことを全部やるってスタイルにはできない…。ただ、数の力として野党側が圧倒的に弱い…体を張るしかないんですよ。問題をより大きくしていくということです。

学生でも 怒られるよ 給料もらってるなら どんな仕事もプロだし 国民に選んでもらったわけでしょ ごめんでもすまなくない? 民間企業なら首じゃないの? 大事な会議中に遊んでるもんでしょ ほんと やる気ないなら やめてほしい 給料泥棒 節穴笑 他人が緊張を出さないと働けない議員がいるなら失せろ。 そいつらは、 厳重注意の上再度発見したらクビにしましょう 民間でもそうしていますよ モラルも緊張感も忙しさも全て理由になりません!氏名となにをしてたか調べて リストにして発表して下さい! 宜しくお願い致します。 蓮舫議員のコレですね 記事を読んだ上でもやっぱりスマホだ小説だを審議中にやるのはなぁ 一般的な会社でも役所でも緊急事態以外認められんやろそんなの

選挙違反の詐欺師が総理大臣をしているという超非現実が根本原因です。新聞各社はオカシイとは思いませんか?明らかに異常です。買収で選挙違反の常習犯が権力を握って、税金を好きか手に使いまくりゴルフ、高級料理、海外旅行をして、支持者に公然とカネを配る政治を。しかもコロナを培養した馬鹿野郎 メディアにも責任がある。 有権者が選んだ結果だろ? 有権者のレベルが低い証拠。 野党議員もいるんで、いくらレベルが落ちた 毎日新聞社と言っても、そこもちゃんと公平に記事にしてください。 近所や親戚巻き込んで購読辞める。 野党が無能では緊張感なんか出るわけがない。私はかまわないと思う。 いや、これは個人の問題だよ。緊張感がない政治だったとしても、自制できなきゃダメでしょ。 緊張感のない政治にしているのは、議員 その議員を選んでいるのは、国民 多数が投票行動をすれば緊張感は増す

10人の名前見ました 明日の議席の心配が無い二世三世議員が何人かいましたね 本当に世襲議員は害でしかない

ORICON NEWS:木村拓哉、オフィシャルファンクラブ「C&C」発足を動画で発表 名前の由来も説明 - 毎日新聞秋葉原のC&Cというカレー屋さん、昔よく食べました。今もあるのかなあ(^^) 勘違いしてる鼻でかおじさん カレー食べたくなってきた。

完全オンライン授業の大学への留学生、入国認めず 一部例外も 米政府 - 毎日新聞米政府は24日、新型コロナウイルスの影響で、新学期となる秋学期の授業を完全オンラインで実施する国内の大学などに留学する学生らについては、入国を認めないと発表した。3月9日以前に入学手続きした留学生は対象外。該当する学校に対し、留学に必要な書類を発行しないよう指示した。

ぎりぎりで「生きている」1400万人の1人として 写真家が捉えた非日常の東京 - 毎日新聞写真家、初沢亜利さんが新型コロナウイルスの感染拡大で日常が一変した東京をひたすら歩き、写真集「東京、コロナ禍。」(柏書房)を出版した。大きな不安と小さな喜びを交錯させつつ、日々、違った表情を見せ続けるメガロポリス。ページを開くと、誰もがその場にいたかのような錯覚にとらわれ、ページを閉じると、しばし 一日も早い終息を願って。

毎日動画 - 毎日新聞千葉市動物公園で21日、共に千葉県内初となるチーターとブチハイエナの展示が始まった。チェコなどからやってきたチーター7頭とシンガポールから到着したブチハイエナ1頭で、元気な姿を現すと、来園者に笑顔が広がった。【撮影・加古ななみ】2020年7月21日公開

自民・岸田氏、「地味」イメージ脱却へ積極発言 動き出した「サラブレット」の狙いは? - 毎日新聞「人柄は良いが地味」と言われ続けた自民党の岸田文雄政調会長が、したたかな存在感を発揮し始めた。旅行需要喚起策「Go Toトラベル」からの東京「除外」を巡り、キャンセル料の補償検討を真っ先に発信。中国の習近平国家主席の国賓来日中止を求める党決議のとりまとめでは、強気な一面を見せ対中強硬派の支持を得た 世襲議員は禁止した方がいいです ましてないよ、作るな ちゃんと校閲しろ。

あつまれ、ボウサイの森 東京消防庁がゲーム内で啓発 - 毎日新聞東京消防庁が人気ゲームソフトを使った防災活動への挑戦を始めた。新型コロナウイルスの感染拡大で、地域で顔を合わせながらの防災訓練を行うのが難しくなる中、任天堂の「あつまれ どうぶつの森」(あつ森)を通じて防災への関心を高めてもらうという試みだ。16日にはツイッター(https://twitter.c 勤務時間中にゲームをするとは何事か! と騒ぎ立てるおバカさんが出ないといいですね。 わ~可愛い、💛 かっこいい