新着

新着

「孤独と絶望に満ちた顔忘れられない」 森友自殺職員の妻が手記 | 毎日新聞

「あの時の孤独と絶望に満ちた(夫の)つらい顔は一生忘れることができません」 「森友学園」への国有地売却を巡り、文書改ざんを苦に自殺した財務省近畿財務局職員。その死から3年を前に、妻が毎日新聞に手記を寄せました。

2021/03/06 1:30:00

「あの時の孤独と絶望に満ちた(夫の)つらい顔は一生忘れることができません」 「森友学園」への国有地売却を巡り、文書改ざんを苦に自殺した財務省近畿財務局職員。その死から3年を前に、妻が毎日新聞に手記を寄せました。

「どうか夫のことを、改ざん事件のことを忘れないでください」――。学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、決裁文書の改ざんを苦に自殺した財務省近畿財務局職員、赤木俊夫さん(当時54歳)。妻雅子さん(49)が夫の死から3年となる7日を前に、毎日新聞に手記を寄せた。

学園に国有地が約8億円値引きして売却された問題が発覚し、国会が紛糾。赤木さんは連日、改ざん作業をさせられてうつ病を発症し、改ざんが表面化した直後の2018年3月7日、自宅で命を絶った。赤木さんは死の直前まで改ざんに苦悩し、自宅のパソコンで「関わった者としての責任をどう取るか、ずっと考えてきました」と書き残していた。雅子さんは「あの時の孤独と絶望に満ちた(夫の)つらい顔は一生忘れることができません」と記した。 続きを読む: 毎日新聞 »

ロックダウン中の飼育実習生の悩み ロンドン動物園 - BBCニュース

ロンドン動物園にとって、イースター(復活祭)連休は繁忙期の一つだ。しかし新型コロナウイルスの流行を受け、同動物園は2年連続で訪問客のいないイースターを迎えた。

marunyatajohn 政権交代まで赤木ファイルは出てこないのでしょうか。三権分立が正常に機能しない国になってしまいました。相澤冬樹記者がこの問題を追い続けてくれています。善良な公務員を死に追いやったこの事件は見つめ続けようと思います。 赤木俊夫さんを忘れない 赤木ファイルを提出しろ 赤木雅子さんは完全に左翼に洗脳されています。 落ち着いて考えればわかることですが、 自らの夫が文書改竄をしたという事実を知っている妻が、あえて事実の究明を迫るということは、夫の恥の上塗りです。 そうまでしても事実を明らかにしたいというのは、正義感ではなく、左翼の洗脳ですね。 森友学園問題を真剣に掘り下げる気がないだろ?毎日新聞?真剣なら、籠池さんご夫妻に取材に行くわな?真相を明らかにする気などサラサラないだろ?倒閣の為に騒ぎたいだけ。

いまあなたが一生懸命働いているすぐ近くの個人飲食店の中で、時短協力金を申請して、3か月478万・1年で737万円もらっている協力金バブルという最高の状況を楽しんでいる人がいっぱいいます。 毎日テレビでは飲食大変のマスコミ偏向報道、いや違いますね、、東京都内で言えば個人飲食店ほとんどバブル