「地方大会全試合中継を目指すプロジェクト」2年目「SPORTS BULL」内で展開するバーチャル高校野球はKDDI協力のもと地方大会3,000試合以上を中継予定

2022/06/02 9:10:00

「地方大会全試合中継を目指すプロジェクト」2年目「SPORTS BULL」内で展開するバーチャル高校野球はKDDI協力のも...

「地方大会全試合中継を目指すプロジェクト」2年目「Sports Bull」内で展開するバーチャル高校野球はkddı協力のもと地方大会3, 000試合以上を中継予定 プレスリリース

「地方大会全試合中継を目指すプロジェクト」2年目「SPORTS BULL」内で展開するバーチャル高校野球はKDDI協力のも...

株式会社運動通信社のプレスリリース(2022年6月2日 14時00分)[地方大会全試合中継を目指すプロジェクト]2年目[SPORTS BULL]内で展開するバーチャル高校野球はKDDI協力のもと地方大会3,000試合以上を中継予定

KDDI株式会社株式会社朝日新聞社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村 史郎、以下 朝日新聞社)と朝日放送テレビ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:山本 晋也)は、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)の協力のもと、株式会社運動通信社(本社:東京都港区、代表取締役社長:黒飛 功二朗)が運営するスポーツメディア「SPORTS BULL(スポーツブル)」内で展開する「バーチャル高校野球」()にて、第104回全国高校野球選手権大会(主催:朝日新聞社、日本高等学校野球連盟)のライブ中継を実施します。

2022年で2年目となる「地方大会全試合中継を目指すプロジェクト」では、2022年6月7日(火)に行われる沖縄大会の抽選会を皮切りに、地方大会の3,000試合以上(予定)を中継します。4社の連携開始から5年目を迎えたバーチャル高校野球において、KDDIは地方球場の通信ネットワークを整備し、104回目の新たな一歩を踏み出す大会をより多くのファンに届けることで、高校野球の普及・発展を応援します。

続きを読む: PR TIMESテクノロジー »

【甲子園】国学院栃木、三度目の正直で智弁和歌山撃破 平井悠馬主将は投打で貢献「最高の気分」 - 高校野球夏の甲子園 : 日刊スポーツ

ノーシードから県大会を勝ち上がってきた国学院栃木が、昨夏優勝の智弁和歌山に勝利した。投げては2番手で1回を無失点、打っては8回にソロ本塁打を放つなど4打数3安… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 続きを読む >>

レッドブル、F1モナコ優勝のセルジオ・ペレスと2024年まで契約延長 | レスポンス(Response.jp)F1に参戦しているレッドブル(ORACLE Red Bull Racing)は5月31日、先日のモナコGPで優勝したセルジオ・ペレスとの契約を2024年シーズンまで延長したことを発表した。

レッドブル、ペレスとの契約を2024年まで延長【6月1日 AFP】フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)に参戦するレッドブル(Red Bull)は31日、セルヒオ・ペレス(Sergio Perez)との契約を2024年まで新たに2年延長したと発表した。

ナダル、ジョコビッチと死闘制す!日付またぐ4時間12分の激闘「忘れられない夜になった」【パリ1日=大和田佳世】男子シングルス準々決勝が行われ、大会最多13回の優勝を誇る第5シードのラファエル・ナダル(35)=スペイン=が、世界ランキング1位ノバク・ジョコビッチ(35)=セルビア=を破

尾川堅一、英カーディフで挑戦者コーディナと初対面 「ボクシングの雰囲気は似ている」 6・5初防衛戦プロボクシングIBF世界スーパーフェザー級王者・尾川堅一(帝拳)が1日、初防衛戦が行われるカーディフ市内で公開練習を行い、対戦相手の同級3位ジョゼフ・コーディナ(英国)と初めて対面した。

五輪後初戦、日本が韓国にストレート勝ち 古賀紗理那が最多22得点 バレーボール・ネーションズリーグ世界ランク9位の女子日本代表が、昨夏の東京五輪後初戦を迎え、同14位の韓国を3―0(25―17、25―16、25―11)のストレートで下し、白星発進した。

箱根駅伝13位から復活目指す早大の花田勝彦新監督が就任会見「指導者の理想像は瀬古さん。箱根駅伝だけではなく世界を意識する」今年の箱根駅伝で13位に終わり、3年ぶりにシード権(10位以内)を逃した早大は2日、東京・新宿区の早大大隈会館で、6月1日付けで就任した花田勝彦新監督(50)の会見を行った。名門復活を託された花田監

株式会社運動通信社 KDDI株式会社 株式会社朝日新聞社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村 史郎、以下 朝日新聞社)と朝日放送テレビ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:山本 晋也)は、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)の協力のもと、株式会社運動通信社(本社:東京都港区、代表取締役社長:黒飛 功二朗)が運営するスポーツメディア「SPORTS BULL(スポーツブル)」内で展開する「バーチャル高校野球」( )にて、第104回全国高校野球選手権大会(主催:朝日新聞社、日本高等学校野球連盟)のライブ中継を実施します。 2022年で2年目となる「地方大会全試合中継を目指すプロジェクト」では、2022年6月7日(火)に行われる沖縄大会の抽選会を皮切りに、地方大会の3,000試合以上(予定)を中継します。 4社の連携開始から5年目を迎えたバーチャル高校野球において、KDDIは地方球場の通信ネットワークを整備し、104回目の新たな一歩を踏み出す大会をより多くのファンに届けることで、高校野球の普及・発展を応援します。 <参考>大会の中継試合数 .(ORACLE Red Bull Racing)は5月31日、先日のモナコGPで優勝した セルジオ・ペレス との契約を2024年シーズンまで延長したことを発表した。 セルジオ・ペレスは32歳のメキシコ人ドライバー。今季でF1参戦12年目のベテランである。2011年シーズン、当時のザウバー(現在のアルファロメオ)で小林可夢偉のチームメイトとしてF1デビュー(可夢偉とは翌年も僚友)。13年にマクラーレン、14年にフォースインディアへと移籍し、やがてフォースインディアがレーシングポイントに変わったのち、20年サクヒールGPでペレスは自身のF1初優勝を飾った(レーシングポイントは21年からアストンマーティンに)。 21年、レッドブルに移籍したペレスは、エースのマックス・フェルスタッペンを助けるチームプレイヤーとしての働きを演じつつ、アゼルバイジャンGPでは自身通算2勝目を達成。今季22年もチームに留まり、先のモナコGP(5月29日決勝)で今季初優勝、通算3勝目を挙げた。マシン規定が大きく変わった今季はフェルスタッペンに負けないくらいの速さを発揮してもいる(レッドブルの搭載パワーユニットは19~21年がホンダ。22年はホンダの“技術協力”を得る「レッドブル・パワートレインズ」のそれを搭載中)。 そしてペレスが24年シーズンまでレッドブルに留まることが決まった(契約が2年延長された)。僚友フェルスタッペン(21年チャンピオン)は28年までの残留が決まっており、少なくとも24年シーズンまで現行のフェルスタッペン&ペレスのコンビをレッドブルは継続することになった。 ペレスは「自分にとって素晴らしい“1週間”だった。モナコGPで優勝することはすべてのドライバーにとって夢であり、さらに24年までチームとともにあることがアナウンスされたわけだからね。とてもハッピーだ」との旨をコメントしている。 今回の決定は、現在唯一の日本人F1レースドライバー、角田裕毅の未来にも影響を与える可能性がある。角田が所属するアルファタウリはレッドブルと姉妹チームの関係にあり、陣営内でレッドブルが格上に位置づけられる存在だ。上位争いへの安定的な参加が見込まれるレッドブルのシートが24年までは2席とも埋まったわけで、角田にとって当面のひとつの目標であるだろうレッドブル昇格は、早くとも25年シーズンということになった。 角田の僚友、F1優勝経験(1勝)もあるピエール・ガスリーはレッドブルでの参戦経験も有するドライバー(優勝はアルファタウリで達成)。これで再昇格は決定的に遠のいた。今回のペレス契約延長によって受ける将来的なキャリア形成への影響は、角田以上に大きいかもしれない(ちなみに他陣営も最近は契約の長期化傾向が顕著で、なかなかいいシートが“市場”に出てこない状況でもあるが)。 アルファタウリ在籍中の2人のF1ドライバーのみならず、レッドブル傘下でF1を目指している世界各地のドライバーたちにとっても当分は頂上の人事が固定され、要するに“上が詰まっている”状況になるわけであり、影響は様々に波及していきそうだ。 レッドブルは今季ここまで7戦5勝。ディフェンディングチャンピオンのフェルスタッペンが4勝で、125ポイントを稼ぎドライバーズランキング首位に立っている。一方でペレスは1勝ながら、110ポイントを得ており、フェラーリのシャルル・ルクレール(116ポイント)に次ぐランキング3位、首位のフェルスタッペンからも15ポイントという近い位置につけている(契約延長も納得の成績だ)。 また、レッドブルはコンストラクターズランキングでフェラーリに36ポイント差(235対199)をつけて首位。昨季はフェルスタッペンが個人王座に就くも、こちら(チーム部門)に関してはメルセデスに8連覇を許し2冠独占はならなかった。9年ぶりのコンストラクターズ王座獲得(および2冠独占)を目指す今季、まだまだ先は長く、戦況がどう動くかはわからないが、実現の可能性あり、とはいえそうだ。 なお、今季のF1は当初23戦の予定だったが、9月のロシアGPが中止になり、検討されていたその代替戦は実施されずに全22戦(昨季と同数)となることが5月に決まっている。3年ぶりとなる日本GPは10月7~9日に鈴鹿サーキットで開催される予定。.)代表は「われわれにとって、彼のスピードやレース技術、経験を保持し続けるのは当然のことで、チェコ(Checo、ペレスの愛称)が2024年までチームのためにレースを続けてくれるのをうれしく思っている」と述べた。 ペレスは「モナコで勝つのはどんなドライバーにとっても夢であり、それに続いて2024年までチームで働くことを発表してくれたのは、自分にとっては本当に幸せなことだ」とコメントしている。(c)AFP.った。通算59度目のライバル対決は4時間12分に及び、試合終了は日付が変わった午前1時15分。「ラファ」コールが響く夜のセンターコートでの死闘を現地取材で「見た」。 3度目のマッチポイントでナダルがバックハンドのストレートを決めると、長いライバル対決にようやく決着がついた。時計は日付が変わり1日午前1時15分を指し、気温12度とかなり冷え込んだにもかかわらずほぼ満員の観客が一斉に立ち上がり、拍手と歓声で勝者に賛辞を贈った。両手を突き上げた“赤土の王”は何度も経験してきているはずの歓声と、勝利の味を「彼と大舞台でプレーするのは特別。忘れられない夜になった」とかみしめた。 2人合わせて4大大会41回優勝、ツアー通算2060勝。互いに数々の実績を積み上げてきた2強の、歴代最多記録を伸ばす59度目の対戦は、序盤から激闘を予感させた。第1ゲームは3度のジュースの末、10分を要してナダルがブレイクした。1つ1つのラリーは質が高く、互いにチャンスボールはまれ。試合の総ポイント数278のうち、9回以上のラリーが21%にも及び、10分以上かかったゲームが3回もあった。 盛大な「ラファ」コール、第1サーブと第2サーブの間にもマナー違反の声援が飛ぶ異様な雰囲気の中で、第4セットはネットの外側を通すスーパーショットがさく裂。2度のセットポイントをしのぎ、追いつき、勝利を手にした。 クレーコートで絶対的強さを誇る35歳のナダルは、3月下旬から肋骨(ろっこつ)の疲労骨折でツアーを離脱。前哨戦のイタリア国際で足を痛め、状態を不安視する声もあった。「詳しくは言いたくないが、この3か月、簡単な時間ではなかった。チームのみんなが助けてくれた。それが、この試合をより特別なものにした」。ライバルとの通算成績は29勝30敗で、クレーでは20勝8敗と圧倒。どんな苦境でも自らの牙城は死守する。ナダルの意地が伝わる熱闘だった。 ◆ナダルのジョコビッチ戦 21年全仏の準決勝で1―3で敗れて以来、今回が59度目。ツアーでの通算対戦成績は、ナダルの29勝30敗。直近の4試合は全てクレーコートで対戦し、これで3勝1敗。初対戦も06年全仏準々決勝で、ナダルがジョコビッチの途中棄権により、勝利を収めた。 ◆ナダルの全仏 初出場の05年大会から4連覇し、10~14年には歴代単独最多となる5連覇。17~20年にも4連覇を果たしており、通算優勝回数の13は4大大会最多。今大会で準決勝に進み、全仏では6年連続の4強入りとなった。昨年は準決勝でジョコビッチに敗れた。.