事件・事故・裁判, 東京, 大阪, 芝村侑美, 大阪府

事件・事故・裁判, 東京

「命の価値」問う裁判 亡き愛娘の補聴器に誓う両親の思い | 毎日新聞

交通事故で娘を失った両親が事故を起こした運転手や当時の勤務先を相手に民事裁判を続けている。問われているのは「命の価値」です。

2021/09/21 0:10:00

交通事故で娘を失った両親が事故を起こした運転手や当時の勤務先を相手に民事裁判を続けている。問われているのは「命の価値」です。

小学5年生だった最愛の娘は補聴器をつけて懸命に生きていた。勉強や学校行事に励み、家族を気遣う心優しい子だった。「障害を理由に差別しないでほしい」。交通事故で娘を失った両親が、事故を起こした運転手や当時の勤務先を相手に民事裁判を続けている。問われているのは、「命の価値」だ。

「この署名はただの紙切れじゃない。同じ障害を持つ人たちの悔しい思いがたくさん込められている」。努さんは目を潤ませながら訴えた。2018年2月1日は普段と変わらない朝だった。大阪府立生野聴覚支援学校(大阪市生野区)に通っていた長女の安優香(あゆか)さん(当時11歳)の通学に付き添い、電車に揺られていた。「もう2月だから何かあるのかな」。努さんが中旬に迫るバレンタインデーをほのめかすと、安優香さんは手話で「ナイショ」と返してはにかんだ。娘の成長を感じていた。 続きを読む: 毎日新聞 »

大阪 USJでトラブルか ジェットコースターがコース上で停止 | NHKニュース

【NHK】NHKのヘリコプターが午後1時40分頃に撮影した映像によりますと、大阪・此花区にあるテーマパークUSJ=ユニバーサル・ス…

気候危機対策として車の使用自体を大幅に減らすことは必須 車社会の見直しを

「スクールカースト」といじめ 雨宮処凛さん・武田砂鉄さん対談/下 | 毎日新聞いじめられた経験のある作家の雨宮処凛さんと、社会問題について積極的に発信しているライターの武田砂鉄さんの対談。下は、雨宮さんがいじめの後遺症から、実家に帰っても一人で外出できないことや、今いじめられている子どもに伝えたい重要なこと、背景にある学校文化の問題、大人がすべきことなどへと話題が広がった。 反日極左活動家を良く記事にする毎日新聞は新聞ではないねw #変態毎日waiwai事件を決して忘れない 좋아요 😂🤣😅 毎日新聞のイジメ定義はブレブレなんだよなぁ~

世界から見た日本の福祉の現状と「制度のはざま」 | 地域で暮らし続ける~日本とデンマークの現場から | 銭本隆行 | 毎日新聞「医療プレミア」しばらくデンマークの話が続きましたが、今回は舞台を国内に移しましょう。今回は「地域で暮らし続ける」ために必要な社会システムの中で、日本の福祉が世界的にどういう水準にあるのか。そして、その中で生じている「制度のはざま」問題についてお話ししたいと思います。あらかじめ“少々堅い内容”とお伝えしておきます

「労をいとわず」16年間 欧州をけん引したメルケル氏の功罪 | 毎日新聞ドイツのアンゲラ・メルケル首相(67)が9月26日のドイツ連邦議会選(総選挙)に出馬せず、選挙後に政界を引退する。2005年から16年間、ドイツ、そして欧州をけん引してきたメルケル氏とはいったいどのような政治家だったのか。その功罪は何か。ドイツ政治に詳しい成蹊大学法学部の板橋拓己教授(欧州政治史) 毎日新聞の功罪 自由諸国を中国に売った売国奴❓ 真の共産主義者❓ ドイツだけの利益追及をした、ドイツ独裁者、ミニヒットラー❓😄 娘とヒットラー

映画「MINAMATA」ユージン・スミス氏の元妻が語る | 週刊エコノミスト Onlineから | 週刊エコノミスト Online | 毎日新聞「経済プレミア」水俣病を世界に伝えた写真集「MINAMATA」。この写真集を原案とした映画が今秋、公開されます。写真集の共著者であるアイリーン・美緒子・スミスさんに、当時の取材の様子や、映画が今、公開される意義を聞きました。

ORICON NEWS:『鬼滅の刃』×スカイツリーのコラボ決定 ufotable描き下ろしイラストも | 毎日新聞

野良猫の不審死相次ぐ 世話人「自然な死に方ではない」 /沖縄 | 毎日新聞沖縄県北谷町の北谷公園やアラハビーチの周辺で、野良猫の不審死が相次いでいることが16日、分かった。9月に入ってから少なくとも6件判明している。日ごろ公園やビーチ付近で猫の世話をしている人たちが、同じ時期に別々の場所でそれぞれ確認した。行方不明の猫も少なくとも27匹いるという。 ネコが何したというのか! 動物愛護週間 狂ったコンピューターを放って置いてはいけない! 野良猫多すぎだと思う