「力」で部下を率いるのは間違い 強いチームを作る11選

2022/05/15 23:19:00

「力」で部下を率いるのは間違い 強いチームを作る11選

「力」で部下を率いるのは間違い 強いチームを作る11選

デジタルトランスフォーメーション(DX)や新型コロナウイルスで私たちの働き方は変わりました。働き方の変化はリーダーと部下の関係性にも変化を及ぼしています。若手社員の意識も変わり、成長の実感が持てないと離職につながるケースもあります。強いチームを作るため、リーダーと部下の関係はどうあるべきでしょうか。参考になる記事を選びました。(内容や肩書などは掲載当時のものです)「ビジネス・クリップ」は日々の記事の中から、ビジネスに役立つ実践的で、よく読まれた記事を集めたコンテンツです。保存して後から読んでも、取引先に行く前に斜め読みしても。あなたのビジネススキルの向上にお役立てください。

「」は日々の記事の中から、ビジネスに役立つ実践的で、よく読まれた記事を集めたコンテンツです。保存して後から読んでも、取引先に行く前に斜め読みしても。あなたのビジネススキルの向上にお役立てください。成長実感持てない若手社員「この会社にいても成長できない」。そんな不安を抱く若手社員が少なくありません。企業は仕事の環境を改善してきましたが、厳しく鍛えられる機会があまりないと感じているようです。若手がどこに不安を感じているのかを探りました。

続きを読む:
日本経済新聞 電子版(日経電子版) »

中国の「ゼロコロナ」抗議 緊迫の5日間を振り返る - BBCニュース

中国のいくつかの大都市で、新型ウイルス対策の規制に反対する抗議行動があった。きっかけとなった火災が発生した24日から、抗議行動が最も激しくなった週末の26、27日を経て、警察が警戒の強化に乗り出した28日に至るまで、緊迫の5日間を振り返る。 続きを読む >>

川崎F遠野大弥が古巣・福岡の堅守を打ち破る今季初ゴール!「ちょっと複雑な気持ちでした」 | ゲキサカ[5.14 J1第13節 川崎F 2-0 福岡 等々力] 2020シーズンの一年間を過ごした古巣への“恩返し”弾となった。川崎フロンターレMF遠野大弥は後半10分、堅守を誇るアビスパ福岡から均衡破る先制ゴール。得点直後の喜びは抑えめだ...

ACLでもセットプレーから3発…川崎F車屋紳太郎がリーグ戦初弾で得点力維持「プレーの幅も広がる」 | ゲキサカ[5.14 J1第13節 川崎F 2-0 福岡 等々力] 川崎フロンターレDF車屋紳太郎が今季リーグ戦初ゴールでチームの勝利に貢献した。怪我からの復帰戦となった4月のACL連戦でもセットプレーから3得点。試合後の会見で「セットプ...

川崎Fvs福岡 スタメン発表 | ゲキサカ[5.14 J1第13節](等々力)※16:00開始主審:福島孝一郎[川崎フロンターレ]先発GK 1 チョン・ソンリョンDF 5 谷口彰悟DF 7 車屋紳太郎DF 13 山根視来DF 15 佐々木旭MF 8 橘田健人MF 14 脇坂泰斗MF 19 遠野大弥FW 9 レアント...

デジタルトランスフォーメーション(DX)や新型コロナウイルスで私たちの働き方は変わりました。働き方の変化はリーダーと部下の関係性にも変化を及ぼしています。若手社員の意識も変わり、成長の実感が持てないと離職につながるケースもあります。強いチームを作るため、リーダーと部下の関係はどうあるべきでしょうか。参考になる記事を選びました。(内容や肩書などは掲載当時のものです) 「 」は日々の記事の中から、ビジネスに役立つ実践的で、よく読まれた記事を集めたコンテンツです。保存して後から読んでも、取引先に行く前に斜め読みしても。あなたのビジネススキルの向上にお役立てください。 成長実感持てない若手社員 「この会社にいても成長できない」。そんな不安を抱く若手社員が少なくありません。企業は仕事の環境を改善してきましたが、厳しく鍛えられる機会があまりないと感じているようです。若手がどこに不安を感じているのかを探りました。 ・ .得点シーンではゴールは見ていなかったという。「感覚だけで。ここじゃないかなと。思いっきり足を振れたのでよかったです。みっくんがシュートを打つふりをしていたので、CBが釣られて僕が空いた」。“FWとしての本能的な動き”と自信を垣間見せる今季初ゴールとなった。 もともとFWが主戦場の遠野だが、現在はインサイドハーフとして奔走。そのポジションでの活躍に 監督も「前節のヤス(脇坂)もそうですけど、インサイドハーフがやっとゴールを取り始めた。これが非常に大きい」と称える。求められたポジションで、自分の持ち味を発揮。遠野は「チームの競争が強さになる。今回点を決めましたけど、連戦なのでチームとして勝っていきたいです」と勝利を目指しながら、自身の成長にもつなげていくつもりだ。 (取材・文 石川祐介).が今季リーグ戦初ゴールでチームの勝利に貢献した。怪我からの復帰戦となった4月のACL連戦でもセットプレーから3得点。試合後の会見で「セットプレーから点を取れれば、自分のプレーの幅も広がる」と手応えを語った。 ACL敗退から帰還した川崎Fは前節の清水エスパルス戦で勝利。そして今節、帰還後初のホームゲームでアビスパ福岡と対戦し、2-0で連勝を果たした。後半10分にMF遠野大弥が先制点を挙げると、その4分後には車屋が右CKからヘディングシュート。ドンピシャでゴールに叩き込み、勝利を決定づけた。 車屋は今季J1開幕戦で右肩を脱臼。約2か月の離脱を余儀なくされていた。復帰したのは集中開催となったACLの初戦。後半に途中出場すると、0-1で迎えた後半アディショナルタイムに劇的な同点ゴール。チームの勝ち点1奪取に貢献した。車屋はACL第2戦でも2ゴールの活躍。チームは惜しくも敗退となったが、完全復活をアピールできた。 その得点力は続いているようだ。開幕戦以来のホームでのプレーには「正直不安はありました。どれだけ等々力でできるか」と胸中を明かしつつ実力を発揮。「ACLであれだけCKから点を取れたのは自信になりましたし、信じて走り込むのを今やっている。セットプレーから点を取れれば自分のプレーの幅も広がる。点を取れて勝利に貢献できたのはうれしいですね」と手応えを語った。 得点シーンでは相手選手が倒れており、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)のチェックが入った。「いやけっこう不安でしたよ正直。喜びながらも、倒れている選手がいたのはわかっていた。どうなるんだろうと。その後に(相手選手が)抗議されていたので…早くやめてくれ…!という感じでした」。その後、無事得点が認められる。車屋にとって安堵の今季リーグ戦初ゴールとなった。 (取材・文 石川祐介)..