暮らし・学び・医療, 沖縄, 沖縄県

暮らし・学び・医療, 沖縄

「元祖ソーキそば」92歳現役、創業者の開発秘話 沖縄そばの日/沖縄 | 毎日新聞

「元祖ソーキそば」92歳現役、創業者の開発秘話 沖縄そばの日

2021/10/17 9:37:00

「元祖ソーキそば」92歳現役、創業者の開発秘話 沖縄そばの日

10月17日は「沖縄そばの日」。創業55年を迎えた名護市我部祖河の沖縄そば店「我部祖河食堂本店」の厨房(ちゅうぼう)に立つのは創業者の金城源治さん(92)だ。 「『おいしかったよ』と言われたときが何よりうれしい」。定休日の月曜日を除き、午前10時から午後3時頃まで毎日厨房で自社製品の麺とじっくり

10月17日は「沖縄そばの日」。創業55年を迎えた名護市我部祖河の沖縄そば店「我部祖河食堂本店」の厨房(ちゅうぼう)に立つのは創業者の金城源治さん(92)だ。「『おいしかったよ』と言われたときが何よりうれしい」。定休日の月曜日を除き、午前10時から午後3時頃まで毎日厨房で自社製品の麺とじっくり煮込んだソーキを盛り付ける金城さんは元気はつらつだ。30歳で脱サラし、生まれ育った我部祖河で精肉鮮魚店とまちやぐゎー(雑貨店)を営んでいたところ、売れ残ったソーキを活用するため発案したのが「ソーキそば」だった。

「ワクチン接種証明書アプリ」12月20日提供、申請にマイナンバーカード必須──厚労省 - ライブドアニュース 同性パートナーシップ制度 東京都、2022年度内に導入へ - ライブドアニュース 真珠湾攻撃から80年 バイデン大統領が第2次世界大戦記念碑を訪問 - ライブドアニュース

廃棄していたソーキをなんとかできないかとそばに盛り付けて子どもたちに食べさせてみると好評だった。1966年に我部祖河食堂を始め、高級食材だったソーキが乗った新メニューを25セントで販売し始めると、たちまち話題に。フードロス(食品廃棄)の削減のためのアイデア商品は「元祖ソーキそばの店」の看板商品として県内外に多くのファンを持つ。金城さんは「お客で店がいっぱいになっているのを見たら元気になる。できる限り現役を続けたい」と笑顔を見せた。(琉球新報) 続きを読む: 毎日新聞 »

首席で卒業も就活難、地下鉄駅で自分を売り込み ロンドン - BBCニュース

就職活動に「嫌気が差した」マリクさんは、立て看板を作って金融街のカナリー・ワーフ駅に立ち、未来の雇用主たちに自分を売り込み始めた。

我那覇真子さんのお爺樣が

作家川端康成が日本人初のノーベル文学賞/今日は? - 社会 : 日刊スポーツ10月17日=今日はどんな日靖国神社がA級戦犯28人のうち東条英機元首相ら14人を合祀(ごうし=1978)◆出来事▼作家川端康成が日本人初のノーベル文学賞(1… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

ソーキそばの考案者 92歳現役 - Yahoo!ニュース【ソーキそばの考案者 92歳現役】 ソーキそばの考案者として知られる我部祖河食堂の金城源治さんは、92歳にしてなお現役。たくさんのソーキを使うので原価は高めというが、金城さんは「絶対に味を落とさず、おなかいっぱいになってもらう」と話す。 ソーキそば 大好き🍜! 名護とかあの辺おいしい沖縄そばのお店多かった記憶がある🤗 ソーキ食べに帰りたいなぁ 考案してくれて本当にありがとうございます。久しぶりに食べたくなりました。

N高対決は大接戦 全国高校eスポーツ選手権・RL予選リポート | 毎日新聞第4回全国高校eスポーツ選手権のロケットリーグ(RL)部門の予選決勝4試合が9日、オンラインで開催され、阿南工業高専(徳島)、可児工業高(岐阜)、N高「Nポテ」(沖縄)、福井工大福井高(福井)が決勝大会に進んだ。予選決勝で、8チームが繰り広げた熱戦の様子をリポートする。【杉本修作】

ラグビー松島幸太朗が復帰、フル出場 フランス1部リーグ | 毎日新聞ラグビーのフランス1部リーグ第7節第1日は16日、各地で行われ、右脚内転筋を痛めて前節の試合を欠場したクレルモンの松島幸太朗は、敵地でのモンペリエ戦にFBでフル出場した。チームは22―20で勝った。

IOCが懸念 FIFA検討の「サッカーW杯、2年に1度」案に | 毎日新聞国際オリンピック委員会(IOC)は16日、アテネで理事会を開き、国際サッカー連盟(FIFA)が検討しているワールドカップ(W杯)を2年に1度の開催に増やす案に対して「懸念」を示す声明を発表した。バッハ会長は9月の時点では「今後の議論を注意深く見守っていく」と慎重だったが、夏季五輪の実施年と重複する そんなやると疲れる。 自分を守ることだけはするのね またまたバッハの馬鹿たれが出てきたな‼️辞めろ✨

古刹の境内にキャンプ場 「観光×防災」和歌山の若手住職が挑む | 毎日新聞和歌山県那智勝浦町の古刹(こさつ)、大泰寺(だいたいじ)には、境内にキャンプ場がある。キャンピングカーで泊まれる「RVパーク」も併設した本格的な施設だ。「いざという時に力を発揮できるように」。若い住職が掲げたコンセプトは「観光×防災」。 そしてここがいざという時に避難所として機能することも素敵ですね。