「中国の国家利益」のためにサイバー攻撃やスパイ活動を行う3つのグループとは?

「中国の国家利益」のためにサイバー攻撃やスパイ活動を行う3つのグループとは?

2021/08/04 6:28:00

「中国の国家利益」のためにサイバー攻撃やスパイ活動を行う3つのグループとは?

サイバー攻撃対策プラットフォームを提供するCyber​​eason(サイバーリーズン)が新たなレポートで、東南アジアの通信事業者をターゲットとし「中国の国家利益」のために活動する3つの脅威アクターについて報告しました。脅威アクターは通信事業者のシステムに潜み、政治家や要人の個人情報を抜き出すほか、Microsoft Exchange Serverを利用した大規模なハッキングにも関わっていたと示されています。

攻撃の対象となった5つの通信事業者は脅威アクターによる直接的な被害を受けたわけではありませんが、政治家やビジネスリーダー、政治活動家、人権活動家、法執行機関などを監視する情報源として利用されたとのこと。CybereasonのAssaf Dahan氏によると、脅威アクターは通信事業者のシステムに検知されることなく長期間潜み、ターゲットとなる人物の居場所や会話内容、メッセージの送信内容といった情報を盗み出して、ターゲットのプロファイル作成に役立てていたと述べています。加えて、「これら侵入の背後に存在する攻撃者の目的は、通信提供者に対する持続的なアクセスを可能にし、個人情報を収集すると共に、CDRデータを含む課金サーバーや、

第3弾は「ポッチャマ東京ばな奈」北国のバターミルク味!セブン-イレブン「ポケモン東京ばな奈」スイーツシリーズ - ライブドアニュース アメリカ、ワクチン接種完了を条件に外国人の入国認める 11月から - BBCニュース 高市氏と蔡総統の会談全文 安全保障など交流強化を確認

・ウェブサーバ・Microsoft Exchange Serverのような重要なネットワークアセットなど、重大なビジネス資産の情報を入手することにあります」とCybereasonはつづっています。 続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

9/11から20年、世界はどう変わった 偏見や治安は - BBCニュース

あれから20年、世界はどのように変わったのか。イスラム教徒のおかれた状況や、空の旅の安全、文化への影響について考える。