東京, 神奈川, 高田奈実, 神奈川県

東京, 神奈川

「パラが感動を強制しないか」 舩後議員語るやまゆり園聖火問題 | 毎日新聞

2016年に利用者ら45人が殺傷された相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で東京パラリンピックの聖火を採火することを決めた市の対応について、ALSの舩後靖彦参院議員は「非常に残念」といいます。理由を聞きました。

2021/05/07 6:40:00

2016年に利用者ら45人が殺傷された相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で東京パラリンピックの聖火を採火することを決めた市の対応について、ALSの舩後靖彦参院議員は「非常に残念」といいます。理由を聞きました。

2016年に利用者ら45人が殺傷された相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で東京パラリンピックの聖火を採火することを決めた市の対応が議論を呼んでいる。市は7日に撤回を表明する見通しだが、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の舩後靖彦参院議員=れいわ新選組=はこの問題をどう見ているのか。舩後氏は市の発想

――やまゆり園をパラリンピックという祭典に使う相模原市の感覚をどう思うか。◆非常に残念だ。もし交通事故や事件が起こった場所を祭典の会場にしようと発案する時、遺族や関係者の意見を聞かずに行うだろうか。市の決定過程に障害者の思いや意思を軽んじる面があるのではないかと感じる。市にはまず、当事者の意見に耳を傾けてもらいたい。――やまゆり園の入所者は知的障害者で「(身体障害が中心の)パラリンピックと関係ない」と指摘する声もある。◆パラリンピックは身体障害を中心とした競技大会であることからもわかるように、関わる障害者はごく一部。多くの障害者は障害のない人以上にスポーツをする機会が少なく、距離が遠いというのが実態ではないか。ましてや、やまゆり園の入所者など重度障害者がスポーツなどの余暇をどれほど楽しむ機会があったのか、自分自身の施設の経験からしても甚だ疑問だ。そうした施設の現実抜きに採火式というイベントを考えついたのであれば、被害者、遺族の方への敬意を感じない。

大谷翔平がオールスター戦前日の本塁打競争へ出場 日本人選手として初 - ライブドアニュース 立てこもり 突入時に男は就寝中 - Yahoo!ニュース 警官が押収した児童ポルノ画像を私有スマホで撮影 女性の裸盗撮も - ライブドアニュース 続きを読む: 毎日新聞 »

「あらゆる虐待を受けてきた」 カナダの先住民寄宿学校問題、生存者が語る - BBCニュース

カナダで先住民同化政策の寄宿学校跡地から未成年215人の遺体が発見された問題を受け、国内外で批判が広がっている。寄宿学校の生存者ジェラルディン・リー・シングースさんがBBCの取材に応じ、在校中に受けた虐待について語った。

ドイツの老人ホームで入所者が新コロワクチンの初回接種後次々と倒れわずか4週間以内に13人の死亡 ↓ Positive Evolutionポジティブ エボリューション 「拡散希望🤯ドイツ🇩🇪ドキュメンタリー映画の拡散開始🤩」 字幕:めいこ様 【コロナワクチン 語られない真実】 Rumble 安倍犯罪 知らんがな(^^) 安倍犯罪 障害者と一括りに出来ない物を、話題作りでお祭りにしてしまう事は、乱暴過ぎると思う。 殺人事件の起きた現場でお祭りをやる神経が分からない。

シンガポール選手団が滋賀でのパラ事前合宿中止 「安全最優先」 | 毎日新聞滋賀県甲賀市は6日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、市内で予定されていた東京パラリンピックのシンガポール選手団の事前合宿が中止になったと明らかにした。同国のパラ連盟が中止の意向を伝えてきたという。【村瀬優子、礒野健一】 当然だ。よそに言われる前に 自分達から先に中止を言った方がまだ格好がつくぞ。 今でも十分カッコ悪いけど。 合宿も出来ない状況が続いている訳だから東京オリンピックはもう今年は諦めるべきだよな。 各国の選手団が断ってきれますように🙏

focus プロ野球:「鉄腕」の離脱が相次ぐパ・リーグ、「九回打ち切り」が影響か | 毎日新聞プロ野球のパ・リーグで、実績のある救援投手の離脱が相次いでいる。昨季セーブ王の西武・増田らが2軍で調整中だ。背景には昨季から続く異例のレギュレーションの影響がある。

「工事現場でガス臭」 重症者ら20人搬送 奈良・広陵 | 毎日新聞7日午前11時40分ごろ、奈良県広陵町南郷の元町水道局跡地の工事現場で「塩素系のガス臭がする」と作業員から消防に通報があった。県広域消防組合によると、重症者を含む少なくとも20人が救急搬送されたという。【塩路佳子】

「頂点に立つこの快感は格別」 54歳、K-1女子アマ日本一に | 毎日新聞4月に東京都内で開かれた「第10回K-1アマチュア全日本大会」のマスターズ(40歳以上)女子、アンダー50キロ部門で、三重県伊勢市二見町光の街の西村みきさん(54)が優勝した。「判定が出た瞬間、うれしくてガッツポーズが出た。頂点に立つこの快感は格別。挑戦して本当に良かった」と喜びをかみしめている。

三重県、独自の「宣言」継続へ 知事「医療体制厳しい状況」 | 毎日新聞三重県の鈴木英敬知事は6日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた県独自の緊急警戒宣言について、「感染状況は若干の減少がみられるものの医療提供体制は厳しい状況が続いている。予断を許す状況ではない」と述べ、11日までとしている宣言を継続し、対策の強化も検討していることを明らかにした。10日に庁内の対策 ●コロナワクチンの予約 沢山の高齢者が複数の申し込みをして、複数をキープして早く打てる所を探している。各医院の受付は名前だけの予約、重ねて申し込みが発生。多く数重複されている。今後キャンセルやキャンセル忘れが多数出る。私67歳はネットで秋以降。かかりつけ医にお盆は過ぎると返答あり。