「ゾウの8倍重い」「かみつく力がティラノサウルスの10倍」などスケールがデカすぎる古代の超巨大サメ「メガロドン」にまつわる7つの伝説

「ゾウの8倍重い」「かみつく力がティラノサウルスの10倍」などスケールがデカすぎる古代の超巨大サメ「メガロドン」にまつわる7つの伝説

2021/09/25 14:01:00

「ゾウの8倍重い」「かみつく力がティラノサウルスの10倍」などスケールがデカすぎる古代の超巨大サメ「メガロドン」にまつわる7つの伝説

脊椎動物としては最も長命なニシオンデンザメや、世界最大の光る脊椎動物であるヨロイザメなど、サメには驚異的な能力や特徴を持つものが多く存在します。そんな中でも、捕食動物としては史上最大級の体格を持っていたとされる古代の巨大サメ「メガロドン」について、科学系ニュースサイトのLive Scienceが解説しています。

◆4:人類の何倍も長い間地球を支配していたメガロドンの最古の化石は今から2000万年前のものとされており、360万年前に絶滅するまでの約1700万年の間、最大級の捕食者として海に君臨していたと見られています。それに比べて、人類ことホモ・サピエンスが登場してからまだ約30万年しかたっていません。 続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

コロナ闘病中に帝王切開、そのまま集中治療室へ……英女性の体験談 - BBCニュース

イギリス在住のサルタナ・アシクさん(34)は、妊娠中の今年1月に新型コロナウイルスに感染した。重症化したサルタナさんは、昏睡状態に置かれて帝王切開で双子を出産。その後、集中治療室で46日間、治療を受けた。

どうしよう…ずっと「メガドロン」って言ってた😱 8.竜巻に乗って襲ってくる 9.下半身がタコ 10.機械 11.頭が6つある 12.幽霊 13.フランケンシュタインの脳と心臓が移植されている 14.悪魔が憑依している 現代のシャチとどちらが強いだろう?