「カイジ」題材のソシャゲ『カイジ闇の黙示録』の様子がおかしい。丸見えブラックジャックに課金キャラ喪失など、ざわざわが止まらない - AUTOMATON

【ニュース】「カイジ」題材のソシャゲ『カイジ闇の黙示録』の様子がおかしい。丸見えブラックジャックに課金キャラ喪失など、ざわざわが止まらない

2022/01/21 8:02:00

【ニュース】「カイジ」題材のソシャゲ『カイジ闇の黙示録』の様子がおかしい。丸見えブラックジャックに課金キャラ喪失など、ざわざわが止まらない

福本伸行氏が描く人気漫画、「カイジ」シリーズ。そのアプリゲーム『カイジ闇の黙示録』が、1月20日より配信開始した。ところがそのアプリの内容が、ややユーザーを戸惑わせているようだ。

「カイジ」シリーズは、日本の漫画家・福本伸行氏が1996年から執筆する連載漫画だ。第一作「賭博黙示録カイジ」に始まり、複数の続編にわたり物語が続いている。自堕落な生活をおくっていた主人公の伊藤開司(通称カイジ)が、多額の負債を抱えたことをきっかけに、さまざまなギャンブルへ挑む内容。作中に登場する独自のギャンブルや、「ざわ‥ざわ‥」といった独特の擬音、そして極限に追い込まれた人間の心理と頭脳戦を描き人気を博してきた。 そんな「カイジ」を題材としてリリースされたのが、アプリゲーム『カイジ闇の黙示録』だ。もともと2021年末の配信が予定されていたが、延期を経て、今年1月20日にお披露目となった。プレイヤーは帝愛グループのアプリを手にしたことをきっかけに、さまざまなゲームに挑むこととなる。登場人物には、作品を超えさまざまなキャラクターたちが登場。キャラクターのサポートを得つつ、特殊アイテムを駆使して勝利を目指す。原作の世界観やゲームを味わいながら、テクニックや頭脳、時には運にも頼ってサバイバル感を楽しむ作品としてリリースされた。声優として萩原聖人氏、楽曲に小室哲哉氏、主題歌に河村隆一氏が参加している。 

続きを読む: AUTOMATON(オートマトン) »

『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』2023年日本公開決定、イーサン・ハントの集大成 ─ 特報映像も到着 | THE RIVER

決死スタントも炸裂 続きを読む >>

今どきのSDKだと、逆にこんなソシャゲ黎明期のようなUI作る方が難しそう。デザインセンス含めて。

\u65b0\u4f5c\u30b9\u30de\u30db\u30b2\u30fc\u30e0\u300e\u30ab\u30a4\u30b8 -\u95c7\u306e\u9ed9\u793a\u9332-\u300f\u304c1\u670820\u65e518\u6642\u3088\u308a\u914d\u4fe1\u958b\u59cb\u3002\u539f\u4f5c\u306e\u4e16\u754c\u89b3\u3092\u697d\u3057\u307f\u306a\u304c\u3089\u3001\u30c6\u30af\u30cb\u30c3\u30af\u3084\u982d\u8133\u3001\u6642\u306b\u306f\u904b\u306b\u3082\u983c\u3063\u3066\u6226\u3046NOA.TEC\u306f\u3001\u30b9\u30de\u30db\u5411\u3051\u30b7\u30e5\u30df\u30ec\u30fc\u30b7\u30e7\u30f3\u30b2\u30fc\u30e0\u300e\u30ab\u30a4\u30b8 -\u95c7\u306e\u9ed9\u793a\u9332-\u300f\u3092\u30012022\u5e741\u670820\u65e518\u6642\u3088\u308a\u914d\u4fe1\u3092\u958b\u59cb\u3059\u308b\u3002 onpu_batake 300RT 新作スマホゲーム『カイジ -闇の黙示録-』が1月20日18時より配信開始。原作の世界観を楽しみながら、テクニックや頭脳、時には運にも頼って戦う

自動装置を設計するプログラミングパズル『Alan's Automaton Workshop』配信開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト自動装置を設計するプログラミングパズル『Alan's Automaton Workshop』配信開始 クライアントの要望に沿った自動装置を作り上げよう。 『Alan's Automaton Workshop』

『オーバーウォッチ2』のゲームプロデューサーが「CEOが開発を遅らせていた」と批判。現職開発者が組織トップに怒り - AUTOMATONBlizzardの開発者Tracy Kennedy氏は1月20日、Activision BlizzardのCEOであるBobby Kotick氏が「開発に悪影響を与えていた」との見解をSNS上に投稿した。 買収合意するまでリリースさせるわけにいかなかっただけのような… Microsoftに多くの価値を高めつつ売りたかったんでしょ もうどうでもいいけどはよ出してくれ、まってのにもう俺大学3年になっちまったよ オーバーウォッチやりませんか

『Battlefield 2042』にて「アップデート#3.2」配信へ。防弾サンダンス現象が修正、スナイパーはもっと遠くから光る - AUTOMATONElectronic Artsは1月20日、『Battlefield 2042』向け更新パッチ「アップデート3.2」の内容を発表した。スコアボードシステムの来月実装や、ポータルモードの経験値システム変更についても明かされている。 もう誰もやってなさそう

魔法大学生活RPG『Songs of Glimmerwick』発表。授業に出て部活動に参加して、時に奏でる - AUTOMATONインディースタジオEastshade Studiosは1月20日、『Songs of Glimmerwick』を発表した。『Songs of Glimmerwick』は、魔法学園RPGである。

『遊戯王 マスターデュエル』Steam版が絶好調、同時接続プレイヤー数が15万人を超え世界規模で人気博す - AUTOMATONコナミデジタルエンタテインメントが1月19日に配信したデジタルカードゲーム『遊戯王 マスターデュエル』が好調のようだ。遊戯王OCG/TCGのマスタールールを楽しめる対戦型デジタルカードゲームの最新作。 ゲームを早くやめるように 特にカードのゲームはダメです カードゲームにくるっている人をココエで見ました 顔まで変な人になっていました ぜつたいゲームから足を洗ってください ばあちゃんからのお願いです お母さんがかわいそうです

January 19, 2022 「カイジ」シリーズは、日本の漫画家・福本伸行氏が1996年から執筆する連載漫画だ。第一作「賭博黙示録カイジ」に始まり、複数の続編にわたり物語が続いている。自堕落な生活をおくっていた主人公の伊藤開司(通称カイジ)が、多額の負債を抱えたことをきっかけに、さまざまなギャンブルへ挑む内容。作中に登場する独自のギャンブルや、「ざわ‥ざわ‥」といった独特の擬音、そして極限に追い込まれた人間の心理と頭脳戦を描き人気を博してきた。  そんな「カイジ」を題材としてリリースされたのが、アプリゲーム『カイジ闇の黙示録』だ。もともと2021年末の配信が予定されていたが、延期を経て、今年1月20日にお披露目となった。プレイヤーは帝愛グループのアプリを手にしたことをきっかけに、さまざまなゲームに挑むこととなる。登場人物には、作品を超えさまざまなキャラクターたちが登場。キャラクターのサポートを得つつ、特殊アイテムを駆使して勝利を目指す。原作の世界観やゲームを味わいながら、テクニックや頭脳、時には運にも頼ってサバイバル感を楽しむ作品としてリリースされた。声優として萩原聖人氏、楽曲に小室哲哉氏、主題歌に河村隆一氏が参加している。  ところがSNS上などでは、同作に対し戸惑いの声が挙がっている。というのも本作は、タイトル画面からしてやや様子がおかしい。手前のイラストのカイジに対し、バックに表示されているタイトルロゴの解像度があきらかに低いのだ。このあと表示されるカットシーンもぼやけた印象があり、ところどころ画質が荒い素材が散見される。  収録ゲームとしては原作にも登場した「Eカード」が登場。じゃんけん方式で「皇帝・市民・奴隷」を出し合う三すくみのゲームだ。ただしシステムとしては、単純にカードを出し合い、静かに勝敗が表示されるのみ。原作のような緊張感ある駆け引きを期待していると、やや肩透かしな印象を受ける。またオリジナルのギャンブルとして、相手のトランプより高い数字を出すか低い数字を出すかを賭ける「High and Low」も存在。利根川と、やはり静かにカードを出し合う勝負が描かれる。シンプルな画面がどことなく寂しい印象だ。  このほかにもいくつかオリジナルのゲームを収録。「地雷」と呼ばれるゲームでは、5×5マスのなかからアウトのマスを避けつつ、ボタンを押していくゲーム。いわゆる『マインスイーパー』のようなルールだが、ヒントは一切なし。初手で爆発四散するケースが往々にして見られる。また、ギャンブルの王道ブラックジャックも収録。ただし同ゲームでは不具合なのか、相手の手札が2枚とも見える場合があり、難易度がかなり低下している。  またユーザーによれば、サポートキャラを獲得できる有償ガチャに課金した際、ゲットしたはずのキャラクターが消失してしまったとの も挙がっている。全体的なグラフィックや挙動、不具合など、粗のある点が多数見られ、プレイヤーが首をかしげるクオリティとなっているのが現状だ。  問題点が数多く指摘されている『カイジ闇の黙示録』。本作を運営するのは、国内企業NOA.TECだ。同社は2021年、真島ヒロ氏の漫画をアプリゲーム化した『FAIRY TAIL ギルドマスターズ』をリリースしたことで知られている。実は同作もまた、ユーザーに物議を醸した作品であった。4月にリリースしてから数日と経たないうちに、多数の不具合が報告。ユーザーが内部のテスト環境に接続されてしまう問題が確認され、プレイヤーが有償アイテム1000万個を保有してしまうなどの が発生した。同問題は、ファンに取りざたされSNS上で議論を招くことに。その影響は原作者である真島ヒロ氏にも及び、楽しみにしていたファンに対し謝罪の言葉を投稿している。『FAIRY TAIL ギルドマスターズ』について、真島氏の監修はおこなっていなかったとのこと。  [iOS版をご利用の方へ]