九州豪雨, 熊本県

九州豪雨, 熊本県

「やばいです」救助要請に身動きできなかった熊本の消防本部 その時何が? - 毎日新聞

「やばいです」救助要請に身動きできなかった熊本の消防本部 その時何が?

2020/07/26 12:17:00

「やばいです」救助要請に身動きできなかった熊本の消防本部 その時何が?

九州などを襲った記録的な豪雨で死者が45人に上った 熊本県 人吉市、球磨村を管轄する人吉下球磨消防組合消防本部(人吉市)。1級河川・球磨川の氾濫前後の4日未明から早朝にかけて、400件超の119番が殺到した。「先ほど救助をお願いしていたのですが、まだですか」「どうにかなりませんか。助けてやってください

「1秒の間もなく」鳴り続ける119番通報「水が流れて家が崩れてきている」。4日最初の119番は午前2時9分。人吉市に隣接する錦町からの入電だった。そのころ、降り続く雨で球磨川の水位は急激に上昇を続け、氾濫危険レベルを超えた午前3時ごろからは緊迫した通報が相次ぐようになった。「生き埋めが発生しているようです。道路が水没して軽自動車が突っ込んでいる」(午前3時54分、球磨村)「球磨川ドライブインの前だが、土砂の流出で車両の通行ができない」(午前4時、球磨村)「車が水没して動けない。車の中にいます」(午前4時1分、球磨村)

「志村どうぶつ園」は笑顔で幕 相葉雅紀「お別れじゃない」 - ライブドアニュース 「かぼちゃの馬車」がアイデアの元に「フルーツバス停」誕生の背景 - ライブドアニュース スタバの新作「大学芋 フラペチーノ」が“まんまさつまいも”の優しい甘さ! - ライブドアニュース

人吉下球磨消防組合消防本部のトップ、深江政友消防長(60)が、人吉市中心部にある消防本部に着いたのは午前2時半ごろ。「国土交通省のデータを確認していると、球磨川の水位がどんどん上がるのでまずいと感じた」。球磨川が氾濫危険水位(3.4メートル)に達し、人吉市全域に水害の避難勧告が出されたのが午前4時。気象庁が午前4時50分に大雨特別警報を出し、その25分後の午前5時15分に市は全域の3万2266人に避難指示を発令した。浸水した状況を説明する人吉下球磨消防組合消防本部の深江政友消防長=熊本県人吉市で2020年7月17日午後4時29分、中里顕撮影

対応に追われる中、午前5時過ぎには人吉市内から救助要請が相次いだ。「屋根裏にいる。まだですか」「来てください。足の悪い母がいます」「大至急急いでください。ベッドの上に乗っている。2人です」。繰り返して救助を求める人も増え、「1秒の間もなく119番通報が入るパンク状態」(深江消防長)に。消防本部の一般電話にも直接助けを求める電話が入り、とても全てに対応できない状態に陥っていった。消防本部は床上浸水 救助の車も水没だが、その頃には消防本部も危機的状況にあった。救助に向かった消防車両は人吉市内で水没して身動きできなくなり、救助の足が奪われた。消防本部も1階が膝の高さまで床上浸水。周辺の民家の住民が窓から救助を求め、ロープをつないだ職員が泳いで救助に向かうほどだった。

「やばいです。腰まで来てます。まだ、何十名います。避難できない。全員で100名はいます」。球磨川からあふれた濁流が押し寄せ、入所者14人が犠牲になった球磨村の特別養護老人ホーム「千寿園」からも午前8時11分に通報があった。だが、消防本部の周りが浸水し、救助に向かうことはできなかった。パンク状態だった119番の回線は午前10時過ぎからは不通に。夕方まで救助要請をほぼ受けられない状態で、他地区の消防の応援を得て救助を進めた。「消防本部が浸水したら、機能を高台にあるさくらドーム(球磨村)など4カ所に分散する計画だったが、殺到する救助要請への対応でその通りにいかなかった」。深江消防長は振り返る。4年前の熊本地震(2016年4月)で回線が混雑した経験から、消防と自治体を結ぶ無線を導入して訓練もしていたが、大混乱の中、豪雨被害の発生当初は活用できなかった。

続きを読む: 毎日新聞 »

イギリスは資金洗浄の「中心地」 米フィンセン文書の架空企業を追う - BBCニュース

フィンセン文書の分析に参加したBBCの報道番組「パノラマ」は、SARに登場する数百社ものイギリス企業が、全て同じ住所で登記されていることを発見。この住所を訪ねることにした。

ここ数年度重なる災害が発生してる熊本県でなぜ対応が後手後手になるのか…。気象情報を伝達して河川氾濫に警戒態勢をとれなかったのか?特別警報が出た時点で消防団(水防団)は活動していたのか? 避難指示に25分もかかるのか? 通報情報から災害発生情報を市町村に情報出していたのか? ハザードマップで安全なところに大事な建物はたてましょう。 何が言いたいのか?被災地の人々全てが被災者ですって記事でもない。 最近の気象状況からして 従来の治水では対応できないレベル もっと複合的な対応が望まれるが それには金と時間がかかりすぎる 対策が出来上がる前に 同じような大雨が降るかもしれない まずは浸水や土砂崩れの恐れがある場所への 新規住宅等の建設を認めないとか できることから進めておかなければ…

その時何が?見たらわかるよね?? 特殊車両も必要ですよねー。😭 昨年の長野の新幹線基地の水没とか3.11での航空自衛隊松島基地の津波被害など 必要なものが動けないということが時にあるようです 嘘のような映像!ホントに他県事ではありませんね。水の勢いはやはり映像でみると、恐いことがよくわかります。被災された救助の皆様、地元の皆様お身体をとにかくくれぐれも大切にして下さい。 意識が現実と乖離していた住民も多かったのだろうが、最後の命綱となる救急が麻痺したのは猛省が必要だろう。署に何かあったときは、受信先を近隣の大きなところに切り替えるとか、何か全国的に考えた方が良さそう。 勿論、災害対策も進める必要はあるが、何が起きるかわからないから。

ORICON NEWS:木村拓哉、オフィシャルファンクラブ「C&C」発足を動画で発表 名前の由来も説明 - 毎日新聞秋葉原のC&Cというカレー屋さん、昔よく食べました。今もあるのかなあ(^^) 勘違いしてる鼻でかおじさん カレー食べたくなってきた。

完全オンライン授業の大学への留学生、入国認めず 一部例外も 米政府 - 毎日新聞米政府は24日、新型コロナウイルスの影響で、新学期となる秋学期の授業を完全オンラインで実施する国内の大学などに留学する学生らについては、入国を認めないと発表した。3月9日以前に入学手続きした留学生は対象外。該当する学校に対し、留学に必要な書類を発行しないよう指示した。

ぎりぎりで「生きている」1400万人の1人として 写真家が捉えた非日常の東京 - 毎日新聞写真家、初沢亜利さんが新型コロナウイルスの感染拡大で日常が一変した東京をひたすら歩き、写真集「東京、コロナ禍。」(柏書房)を出版した。大きな不安と小さな喜びを交錯させつつ、日々、違った表情を見せ続けるメガロポリス。ページを開くと、誰もがその場にいたかのような錯覚にとらわれ、ページを閉じると、しばし 一日も早い終息を願って。

毎日動画 - 毎日新聞千葉市動物公園で21日、共に千葉県内初となるチーターとブチハイエナの展示が始まった。チェコなどからやってきたチーター7頭とシンガポールから到着したブチハイエナ1頭で、元気な姿を現すと、来園者に笑顔が広がった。【撮影・加古ななみ】2020年7月21日公開

自民・岸田氏、「地味」イメージ脱却へ積極発言 動き出した「サラブレット」の狙いは? - 毎日新聞「人柄は良いが地味」と言われ続けた自民党の岸田文雄政調会長が、したたかな存在感を発揮し始めた。旅行需要喚起策「Go Toトラベル」からの東京「除外」を巡り、キャンセル料の補償検討を真っ先に発信。中国の習近平国家主席の国賓来日中止を求める党決議のとりまとめでは、強気な一面を見せ対中強硬派の支持を得た 世襲議員は禁止した方がいいです ましてないよ、作るな ちゃんと校閲しろ。

あつまれ、ボウサイの森 東京消防庁がゲーム内で啓発 - 毎日新聞東京消防庁が人気ゲームソフトを使った防災活動への挑戦を始めた。新型コロナウイルスの感染拡大で、地域で顔を合わせながらの防災訓練を行うのが難しくなる中、任天堂の「あつまれ どうぶつの森」(あつ森)を通じて防災への関心を高めてもらうという試みだ。16日にはツイッター(https://twitter.c 勤務時間中にゲームをするとは何事か! と騒ぎ立てるおバカさんが出ないといいですね。 わ~可愛い、💛 かっこいい