国政, 選挙, 医療・健康・福祉(アピタル)

国政, 選挙

「なんで助けてくれないの」母親は笑顔を失った 取り崩した子供貯金:朝日新聞デジタル

「なんで助けてくれないの」母親は笑顔を失った 取り崩した子供貯金

2021/10/26 1:04:00

「なんで助けてくれないの」母親は笑顔を失った 取り崩した子供貯金

私たちの暮らしを守ってくれるはずの政府の「セーフティーネット(安全網)」は穴だらけ――。コロナ禍で見えてきた現実です。自転車操業のような家計のやり繰りが続く、ひとり親家庭を取材しました。助けが必要で…

5日午後、関東地方のある駅に降り立った。その後、レンタカーで1時間近く。山あいにその家があった。50代のが、小学生から高校生までの3人の子どもと暮らしていた。テーブルに座り、取材を始めて30分経ったころ、女性の落ち着かない様子が気になった。 続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun) »

オランダ、新型ウイルス対策強化に市民が反発 暴動に発展 - BBCニュース

オランダ・ロッテルダムで19日夜、新型コロナウイルス対策の規制強化に反発する市民が抗議活動を行い、暴動に発展した。

見出しから助けてくれないのは親族なのかと思った。親族が少しでも援助してくれたらという愚痴だと勘違いしたよ。 政府への不満だったんだな。興醒めてしまった。 貧しい家庭は沢山あるだろう。その全てを国で支援できるはずもない。 生活ができないほどの状態ならば生活保護もある。 「利権ファースト」の自民党政治が続いている結果。 「助けてくれない」のは、「お友達でない」ことが一番の理由ですね。 なんで助けてくれるって思っているの? それぞれの家庭の問題で国とか関係のない話ですね。

衆院選、自民候補の応援に走る北海道知事 札幌市長は「中立」を明言:朝日新聞デジタル31日投開票の衆院選で、北海道の鈴木直道知事が与党支援の姿勢を鮮明にしている。19日の公示日から自民党候補らの応援に駆けつけ、「蜜月」ぶりをアピール。鈴木知事は2019年の知事選で自民党と公明党の支… コロナ対応で道知事の評価も一様ではないが••。 限界露呈の感もある。 市長は相乗り系なのでそうなるよね。 コロナ禍で後手後手でやる政策の全てが失政してそしてオリパラを強行開催した挙げ句に第五波で多くの人が亡くなって自殺率も高い状態を維持して若い世代ほど不遇になっているけどな。 老害派閥内閣の無能な政府自民党は国民を騙す事に必死だよな。 現役の知事や市長は、公平公正で中立であるべきで、選挙運動禁止にすべきです。

コロナ下の部活に新たな気づき 「ズルするところが勝つ」モヤモヤも:朝日新聞デジタル「生徒たちの声が活気を帯びるようになりました」 そう話すのは、東京都立つばさ総合高で生徒部主任を務める柴原桂教諭です。同高では13の運動部に、約300人が所属。スポーツ推薦入学の生徒もいます。 学校… 「ズルするところが勝つ」→五輪は反対していた、朝日新聞さんが高校野球や合唱コンクールは観客入れてやっている事だよね。高校野球は、有償だしね。高校生の命より、金儲け。 頑張って続けて、体を鍛えることが、社会に出ても確実に力になる。勝ち負けは関係ありません。 そんなの韓国や中国を見ていれば、一目瞭然。

投手の心も、野手の心も感じ取る 阪神・坂本誠志郎の存在感:朝日新聞デジタル(23日、プロ野球 阪神タイガース1―1広島カープ) 阪神・坂本誠志郎の打球が二塁手の頭上を越えた。七回2死一、三塁で広島・森下暢仁(まさと)の直球をさからわず運んで、中前適時打に。「少ないチャンス…

中国・習指導部「もろ刃」の不動産税 狙う改革実績、根強い反対論:朝日新聞デジタル中国が日本の固定資産税にあたる「不動産税」の試験導入を決めた。来年ある5年に1度の中国共産党大会を前に、習近平(シーチンピン)国家主席は格差の是正と、中国恒大集団の経営危機に揺れる不動産市場の改革を…

死後1カ月 腐敗が進み鼻を突くにおい 「まさか母が」:朝日新聞デジタル残暑が続く9月、大阪府内の団地の一室で、高齢女性が亡くなっているのが見つかった。死後1カ月。「孤独死」だった。腐敗が進み、警察の身元確認は、2週間以上かかった。 女性宅の清掃に遺族と立ち会った。自宅…

ダルマになったぜベイベー 布袋寅泰さん40周年、後輩たちの贈り物:朝日新聞デジタル群馬県高崎市出身のギタリスト布袋寅泰さんが23、24日に地元でコンサートを開くのに合わせ、母校城東小学校の児童、保護者が布袋さんをイメージした「HOTEI DARUMA」を会場のGメッセ群馬に寄贈し…