野球

野球

「がんばろうKOBE、心に刻まれている」イチローさんがコメント:朝日新聞デジタル

「がんばろうKOBE、心に刻まれている」イチローさんがコメント

2021/10/27 18:40:00

「がんばろうKOBE、心に刻まれている」イチローさんがコメント

オリックスの優勝について、球団OBのイチローさんが27日、球団を通してコメントを発表した。イチローさんは現在、大リーグ・マリナーズの球団会長付特別補佐兼インストラクターを務めている。 「オリックス・…

続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun) »

“理容師発”の校則改革 髪型の校則で悩んだら“プロ”に相談を! - みんなでプラス - NHK

【NHK】取材班のもとに届いた1通のメッセージ。髪型の校則を巡る理容師からの戸惑いがつづられていました。

「僕はオリックスに救われた」ガガガSPコザック前田さん、人生重ね | 毎日新聞四半世紀ぶりの歓喜の瞬間が訪れた。プロ野球のパ・リーグで27日、オリックス・バファローズが1996年以来の優勝を決めた。「がんばろうKOBE」を合言葉に95年の阪神大震災で傷ついた地元・神戸を勇気付けたが、近鉄との合併を経て本拠地を大阪に移し、頂点からも遠ざかっていた。神戸を拠点とする人気バンド「 一気に読んでしまった。そうだよ、こういう興行はみんなを元気づけるためにあるんだ。

【写真まとめ】オリックス パ・リーグ優勝までの軌跡:朝日新聞デジタルプロ野球パ・リーグで、オリックス・バファローズが優勝しました。 オリックスは阪神・淡路大震災が起きた1995年、「がんばろう神戸」のキャッチフレーズを掲げて優勝。翌96年にもリーグ優勝をし、日本一に… オリックスが2014年に2位になった後低迷期に入ったのは、翌年も森脇監督がリリーフ陣を酷使無双して壊滅させたのが最大の要因。小谷野や中島を獲得したフロントが批判されたが、森脇監督はリリーフ陣に頼らない野球をしなければいけなかった。 うまくいけば1995年平成7年以来のスワローズ対バファローズ(当時はオリックスブルーウェーブ) 欲いえば日本シリーズ1試合だけ神戸で開催してもらいたい

オリックス優勝の裏に音楽の力? T―岡田が選んだ「覚悟はいいか」:朝日新聞デジタルプロ野球のオリックスが25年ぶりのパ・リーグ優勝を決めた。2014年にわずかの差で優勝を逃した悔しさを知り、自身も打撃不振などどん底を味わったプロ16年目のT―岡田が朝日新聞のインタビューに答え、こ… おめでとう🎉

【解説】海外からも私の1票 「在外投票」までの三つの手順:朝日新聞デジタル■手順1 まずは名簿に登録 仕事や留学などで外国に住んでいる人も、衆院選で投票できます。これを「在外投票」といいます。 この制度を利用するためには、事前に「在外選挙人名簿」に登録する必要があります。住… 仕事や留学などで外国に住んでいる人も、衆院選で投票できます。これを「在外投票」といいます。 →その制度の韓国版で大統領選挙に在日の方々は投票してるでしょ。だから、日本での参政権は要らないよ。朝日新聞さんが、日本の選挙制度を外国勢力が乗っ取る支援をしたいのは分かるけどね。

今季のオリックスはここが違った 分岐点は崖っぷちの裏ローテ3連勝:朝日新聞デジタル9月28~30日。2位で乗り込んだ千葉での3連戦が優勝への分岐点だった。 オリックスは1試合でも負ければ、ロッテに優勝マジックをともされてしまう状況。しかも、先発は山崎福也、山崎颯一郎、田嶋大樹の「… 新戦力らしい新戦力と言えるのは宮城や紅林くらい。杉元も宗も福田も、前任者に上手く使ってやるだけの能力がなかった。素人目に福田には内野適正がなく、宗は外野だと集中力が切れると感じていたが、実際に入れ替えてみるとこれが大正解だった。 ご覧下さい! ↓ ↓ ↓

妻の親族2人刺し自殺か、事前にDV被害相談も 宮崎で男性3人死亡:朝日新聞デジタル宮崎県高千穂町下野の会社員甲斐邦雄さん(67)方で26日午後8時45分ごろ、男性3人が血まみれで倒れているのが見つかった。県警捜査1課によると、3人は邦雄さんと、同居する父義人さん(91)、邦雄さん…