「お墓のサブスク」がグッドデザイン賞…十三回忌までの法要と清掃管理を定額で : 経済 : ニュース

「お墓のサブスク」がグッドデザイン賞…十三回忌までの法要と清掃管理を定額で #経済

三重県松阪市, 愛知

2021/12/06 4:45:00

「お墓のサブスク」が グッドデザイン賞 …十三回忌までの法要と清掃管理を定額で 経済

三重県松阪市 の仏壇仏具販売店「 佛英堂 ぶつえいどう ) 」が考案した定額で一定期間お墓が利用できるサブスクリプションサービスが、暮らしを豊かにするデザインを表彰する今年度の「 グッドデザイン賞 」に選ばれた。 「お墓

「お墓のサブスク」は小型の墓石を27万5000円(税込み)で購入し、骨つぼを納めて寺に預け毎月3300円(同)を支払うと、百か日から十三回忌までの法要と清掃管理を寺が行ってくれる新たなサービス。墓を新規に建てると墓石代だけで平均169万円かかるといわれる。高額な上、寺とのかかわりが薄いとの理由で、遺骨を手元に置いたままにしている人も少なくないという。お墓のサブスクは安価なだけでなく、好きな時にお参りでき、引っ越しなどの際には預け先の変更や解約もできるのが特徴だ。解約の場合、遺骨を引き取るか永代供養墓に移すかを選ぶこともできる。今年4月にサービスを始め、これまでに県内と愛知、大阪、福岡など10か寺と提携、5件の利用があった。

同賞は日本デザイン振興会が1957年に創設。サービスなど無形のものも対象に含まれ、今年度は5835件の応募があり、1608件が選ばれた。

続きを読む: 読売新聞オンライン »

知ってる?こどものキケン

知ってる?こどものキケンにご回答お願いいたします。 続きを読む >>

中国恒大、海外債権者と協議へ…広東省政府はリスク処理作業チーム派遣 : 経済 : ニュース【北京=小川直樹】経営危機に陥った中国不動産大手、中国恒大集団は3日夜、外貨建て債務の再編案づくりに向け、海外の債権者と協議に入ると発表した。広東省政府など中国の関連当局も、事態の深刻化を抑えるために動き出した。 発表 あらあら… ついにギブアップしますか? 中共の経済はどうなりますかね? また大変なことになります? おとなしくしておいてね。 よい子だから。 自分が海外債権者の立場なら、中国政府または、それに変わるものに債務の保障をさせるでしょう。それがないとダメでしょう。

肥料どうまく?収穫時期は?AIが小麦生産お助けします…NECが実証実験 : 経済 : ニュースNECは、国内外の大規模農園の作業を支援する人工知能(AI)の開発に乗り出した。今年6月からは小麦で実証実験を始めており、衛星写真や土壌センサー、農機で集めたデータを分析。肥料のまき方や収穫時期を細かく調整し、収穫量の

「揚げたてです」効果ある?…ローソンがAIで会話データ分析 : 経済 : ニュースローソンは、マイクやカメラで記録した来店客や従業員の動き、会話のデータを人工知能(AI)で分析し、店舗運営の改善につなげる実証実験を始めた。商品陳列や店員の呼びかけの効果を分析して店づくりに生かし、売り上げ増につなげた

中国恒大、巨額債務の再編に向け債権者と協議…いまの状況で返済続けられるかは「不確定」 : 経済 : ニュース【北京=小川直樹】経営危機に陥った中国不動産大手の中国恒大集団は、海外の債権者と巨額債務の再編に向けた協議に入る。恒大が本社を置く広東省の政府は、リスク処理などを担う作業チームを派遣し、経営に関与することを決めた。世界 今の状況で返済を続けられる訳がない事を全員知っている。中国が今の状況で倒産させると、外国からの中国投資が、すべて引き上げてしまうことを知っているので倒産させられないのでしょう。不確定とは、倒産させるタイミングでしょう。

WTO有志70か国・地域、環境分野で協議へ…「国境炭素税」導入などめぐり : 経済 : ニュース世界貿易機関(WTO)に加盟する日本や米国、中国、欧州連合(EU)など有志の70か国・地域は3日、環境分野の貿易政策について議論を始めることで合意した。温室効果ガスの排出削減につながる製品の関税引き下げや、環境規制が緩

「コシヒカリしかない」知事発言、かえって宣伝になった…御殿場産に県知事賞 : 経済 : ニュース静岡県の川勝平太知事の発言で注目された「ごてんばこしひかり」が、「第18回お米日本一コンテストinしずおか」(実行委員会主催)でベスト6の「最高金賞」と県内最高の「県知事賞」に輝いた。知名度が上がっただけでなく、実力も こういうただでは転ぼうとしないゴキブリ並みの精神力だけは凄い。 ますますおかしい🧔 元凶は、投票した愚民ども。

三重県松阪市の仏壇仏具販売店「 佛英堂(ぶつえいどう) 」が考案した定額で一定期間お墓が利用できるサブスクリプションサービスが、暮らしを豊かにするデザインを表彰する今年度の「グッドデザイン賞」に選ばれた。 「お墓のサブスク」は小型の墓石を27万5000円(税込み)で購入し、骨つぼを納めて寺に預け毎月3300円(同)を支払うと、百か日から十三回忌までの法要と清掃管理を寺が行ってくれる新たなサービス。 墓を新規に建てると墓石代だけで平均169万円かかるといわれる。高額な上、寺とのかかわりが薄いとの理由で、遺骨を手元に置いたままにしている人も少なくないという。 お墓のサブスクは安価なだけでなく、好きな時にお参りでき、引っ越しなどの際には預け先の変更や解約もできるのが特徴だ。解約の場合、遺骨を引き取るか永代供養墓に移すかを選ぶこともできる。今年4月にサービスを始め、これまでに県内と愛知、大阪、福岡など10か寺と提携、5件の利用があった。 同賞は日本デザイン振興会が1957年に創設。サービスなど無形のものも対象に含まれ、今年度は5835件の応募があり、1608件が選ばれた。 専務の野呂 英旦(ひであき) さん(35)が1日、竹上真人市長に受賞を報告。野呂さんは「考案した仕組みが評価されたことはうれしい。利用者がお寺を移動できるメリットを生かすため、3年後には提携寺院を100に広げ、600件の利用を目指したい」と話している。