野球, プロ野球, 新型コロナウイルス(新型肺炎), 神奈川県

野球, プロ野球

「うれしい」けど「怖い」 ハマスタ制限緩和検証 入場51%止まり - 毎日新聞

新型コロナウイルスの感染リスクを低下させながら、スポーツや大規模イベントは開催できるのか――。入場制限を段階的に緩和しながらさまざまな対策の効果を検証する取り組みが、横浜スタジアムで始まりました。

2020/10/31 1:10:00

新型コロナウイルスの感染リスクを低下させながら、スポーツや大規模イベントは開催できるのか――。入場制限を段階的に緩和しながらさまざまな対策の効果を検証する取り組みが、横浜スタジアムで始まりました。

新型コロナウイルスの感染リスクを低下させながら、スポーツや大規模イベントは開催できるのか――。来夏の東京オリンピック・パラリンピックを見据えて、入場制限を段階的に緩和しながらさまざまな対策の効果を検証する取り組みが30日、横浜スタジアム(横浜市)で始まった。 プロ野球 ファンからは大勢の観客が球場で応

スタジアムでは、時折雨がぱらつく中、午後の開門とともに本拠地とする横浜DeNAベイスターズのユニホームに身を包んだファンらが次々と来場した。30年来のファンという横浜市の会社員、上野大輔さん(43)は観客が増えることは「うれしい」と歓迎する一方で、クラスター(感染者集団)が発生する心配を感じている。消毒液を持参し、トイレや飲食店に行く時はピークをずらして独自に予防するという。同市の会社員、国分美智子さん(56)は「不安はあるが、好きなので来た。なるべく空いている席を選んで取った」。この日の対戦相手・阪神タイガースのファンである東京都の女性会社員(53)はマスクを着用して対策するが「自分も、周りも興奮して声を出してしまうかも」と語った。

米砂漠で謎の「モノリス」発見 正体めぐり奇説飛び交う - ライブドアニュース 日中外相、尖閣めぐり応酬 改善の兆しなし ゴキブリ2新種発見 35年ぶり - Yahoo!ニュース

スタジアム内でアルバイトとして働く東京都江戸川区の大学生、米澤恒輝さん(21)は「応援に熱が入ってしまうとソーシャルディスタンスがなくなってしまうかもしれないのが怖い」と話す。従来の試合直後は最寄りのJR関内駅周辺が大勢の観客でごった返し、電車も混雑していた。こうした不安から今回の観戦を見送った人もいる。小学生の時からベイスターズを応援している横浜市緑区の会社員、広川翔さん(37)は「満員の球場に行くのはやっぱり怖い。今年は無理して行かなくていいかなと思ってしまう」と語った。プロ野球は現在、入場者を収容人数の半分に制限している。この日は80%まで入れるように緩和したものの、観客は51・2%にとどまった。球団の観客動員数は近年右肩上がりで、昨季は横浜スタジアムでの観客動員率は98・9%に達していた。球団関係者は「もちろんコロナの影響もあるだろうし、チームの低迷や販売期間の短さも影響しているだろう」とみる。

試合前に取材に応じた横浜DeNAベイスターズの木村洋太副社長は「明日以降のスポーツや、大規模イベントにつながる思いがある」と強調。インターネットなどで「人体実験ではないか」と批判の声があることについては「私どもは人体実験という認識はない。参加する皆さんと一緒につくりあげる明日に向かっての実証だと思う」と語った。【樋口淳也、細谷拓海、松本晃】 続きを読む: 毎日新聞 »

茨城県で震度5弱 津波の心配なし | NHKニュース

【NHK】22日午後7時6分ごろ地震がありました。この地震による津波の心配はありません。震源地は茨城県沖で震源の深さは40キロ、地…

ここで感染したら、政府が面倒見てくれるのか? こういった反応はある意味自然なのかもしれない。感染症なのか消化試合だからなのか、両方の可能性もあるが、去年までと同じことをしても人が動かないこともありそう。スポーツに限らず、小売・飲食もきっとそう。

伊藤容疑者と交際報道の山本舞香は気丈「うれしい」 - シネマ : 日刊スポーツ29日に道交法違反(ひき逃げ)の疑いで警視庁に逮捕された俳優伊藤健太郎(23)が出演していた映画「とんかつDJアゲ太郎」(二宮健監督)の初日舞台あいさつが30… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方 - 毎日新聞一本の記事が大きな反響を呼んでいる。神戸市の元幼稚園教諭の女性(22)が昨年、介護していた祖母を殺害し、執行猶予判決を受けた事件。女性の裁判や関係者への取材を重ねて背景を掘り下げた記事が毎日新聞のニュースサイトに掲載され、感想や意見が続々と寄せられている。 日本初の源氏物語訳対「3分de源氏物語」(愛の四つ葉社)わかりやすいと古典研究家あがさクリスマスの話題の一冊!理解できないのか? 身内の左翼をキレイに撮りたい、という毎日新聞の低所得記者の気持ちは伝わる写真だ。 けどな、無理だよこのババアじゃwwwww

京都花街・宮川町の歌舞練場、1世紀ぶり建て替えへ 老朽化で周辺と一体整備 - 毎日新聞京都五花街の一つ、宮川町の歌舞練場(京都市東山区)が1916(大正5)年以来、約100年ぶりに建て替えられる見通しとなったことが30日、明らかになった。隣接する旧新道小学校跡地の活用を巡り、市と契約する予定となったNTT都市開発(本社・東京)が歌舞練場も含めて一体で再開発する。歌舞練場は老朽化が課 今どきのガラス張りみたいなビルになったらどうしよ。

ORICON NEWS:星野源 “恋ダンス”覚えられず 撮影迫り「寝ずに練習します」 - 毎日新聞元ネタはグリコ・森永事件ですよね、これ。 恋ダンスの悪夢が再び…

野生動物の行動、AIで補足 名古屋大が記録装置開発 ウミネコ採餌もバッチリ - 毎日新聞名古屋大の依田憲教授(動物行動学)らのチームは野生動物の行動を効率的に捕捉するAI(人工知能)を搭載した小型記録装置を開発した。ウミネコの撮影では、15分おきに1分間撮影する従来のAI非搭載の記録装置に比べ、AI搭載装置では採餌する映像が多く映っていた。動物の生態解明につながるとして期待される。3

スターフライヤー、上場以来最大の赤字 20年9月中間 増資「具体的話ない」 - 毎日新聞ANAホールディングス系航空会社のスターフライヤー(北九州市)が30日発表した2020年9月中間決算(単体)は、最終(当期)損益が64億円の赤字となり、赤字幅が11年の上場以来最大となった。21年3月期の正式な業績予想は「合理的な算出が困難」としたが、約100億円の赤字となる見通しを示した。 頑張れ‼️ 耐えて復活できますように祈ったよ🙏