日経ビジュアルデータ, İphone, アップル, İphone13, Apple

日経ビジュアルデータ, İphone

iPhone分解分析 部品コスト10年で2.5倍

Appleの「iPhone13ProMax」を分解、部品や素材を日本経済新聞社と英フィナンシャル・タイムズで共同分析した。約10年前と比べて部品価格は全体で2.5倍、なかでもカメラは10倍になった。

2021/10/28 14:00:00

新型「iPhone13ProMax」は10年比で部品価格は全体で2.5倍、カメラは10倍、半導体は3倍に。利幅を削りながら性能向上を進める姿勢がにじみます。分解しながら分析します。 日経ビジュアルデータ

Apple の「iPhone13ProMax」を分解、部品や素材を日本経済新聞社と英フィナンシャル・タイムズで共同分析した。約10年前と比べて部品価格は全体で2.5倍、なかでもカメラは10倍になった。

ディスプレーはサムスン製有機ELディスプレーは韓国サムスン電子製だった。原価は推定105ドル(約1万2000円)。部品総額の2割を占める。表面のガラスは米コーニング製の「セラミックシールド」を前モデルに続いて採用した。アップルと共同開発した独自素材で、衝撃に強く割れにくいのが特徴だ。部品の属性分析や価格の推定にはフォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ(東京・千代田)の協力を得た。カメラモジュール3つのカメラは、望遠(上)、広角(下)、超広角(右)に機能が分かれている。望遠は3倍光学ズーム。13Proから、被写体に2センチまで寄れるマクロ撮影機能も加わった。カメラモジュールの原価は77ドル。カメラの「網膜」となるセンサーはソニーグループの独壇場。大型化して価格も上がった。

「FNS歌謡祭」の第2夜タイムテーブル発表 出演全アーティスト&曲目公開 - ライブドアニュース インスタ 10代の利用時間を制限 親が確認できる新機能導入へ - ライブドアニュース 函館空港 航空自衛隊のF35戦闘機1機が緊急着陸 一時滑走路閉鎖 | NHKニュース

レンズが動く構造分解してみると、ピンセットでレンズを動かすことができた。スマホのわずかな揺れに合わせてレンズが動き、手ぶれを抑える。広角カメラと望遠カメラに搭載、暗い場所でも撮影がしやすくなった。センサーも可動式広角カメラは、手ぶれを補正する機構がもう一つある。四隅が磁石とコイルに囲まれ、モーターと同様の仕組みでセンサーを動かす。他社に先駆けてアップルが導入したもので、レンズが大型化して重くなっても、耐衝撃性を保つ。アルプスアルパインやミネベアミツミなどの日本メーカーが得意な技術。レーザーで距離や形状測定

目に見えないレーザー光を照射することで、物体との距離や形を捉え撮影を補助する。自動運転車に使われる技術だが、部品の低価格化でスマホにも搭載が可能になった。暗所でのカメラ撮影機能の向上や、アプリゲーム「ポケモンGO」で有名になったスマホの拡張現実(AR)にも使う。12Proシリーズから搭載されている。メイン基板はコンパクトスマホの頭脳になるメイン基板の面積は、全体の15%程度と小さい。コンパクトにぎっしり部品が集積されているのが、他社スマホとの違いだ。内部の通信部に村田製作所の曲がる樹脂基板を使うなど、省スペース化でも独自技術を取り入れている。創業者の故スティーブ・ジョブズ氏から続く「ミニマリズム」の思想が回路にも反映されている。 headtopics.com

フラッシュメモリーに「A15」とプリントされたパッケージの直下にあったのは、スマホの頭脳となるメインの半導体ではなく、写真や動画などのデータを記憶していくフラッシュメモリーだった。サムスン電子など韓国勢が強いが、日本のキオクシアの製品が採用されていた。リンゴ刻印の半導体スマホの頭脳「A15 Bionic」は基板の裏側にあった。その下、電源制御用半導体にも、リンゴのロゴがある。アップルはiPhoneに最適な半導体を独自に開発することで、性能向上を図っている。A15は台湾積体電路製造(TSMC)が製造、性能を左右する回路線幅は最先端の5ナノ(ナノは10億分の1)メートルだ。原価は45ドルで全体の10%とカメラモジュールよりも小さい。

通信用の半導体5G通信を制御するモデムチップは前世代に続き米クアルコム製。アップルは19年に米インテルからモデム事業を買収して自前技術の蓄積も進めるが、現時点ではクアルコム製の評価がアップル内でも高いもよう。米クアルコムのモデムチップは小米(シャオミ)やサムスンも採用しており、半導体内製化の時代でもなお高い存在感を誇る。リチウムイオン電池最も大きな部品はリチウムイオン電池だ。容量は前モデルから1.2倍に増えた。組み立ては中国の欣旺達電子(サンオーダ)とみられる。スマホやタブレット向けのほかに車載向け電池も手掛ける会社で、4月に発売された小米の旗艦モデルのスマホでも採用されていた。米中摩擦は収まる気配がないが、安価なものづくりに優れる中国製品をアップルは完全には排除していない。

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

メルケル独首相、退任式に青春時代のヒット曲を選ぶ - BBCニュース

アンゲラ・メルケル独首相の退任式が2日夜、独国防省で行われ、メルケル氏は自分の青春時代のヒット曲を演奏される曲に選んだ。

焼き鳥屋の親父、外車購入。趣味でやってる喫茶店の店主、毎日風俗通い。スナックのママ、複数回海外旅行。バーのマスター、今年1日も働かなく2店目出店 これが5兆円以上・1店舗1500万以上・1ヶ月120万円の飲食店の協力金8割の使い道 国民1人15万以上負担 払わされるの国民 そこまで高コストなカメラを搭載する必要あるのかねえ?

収入の伸びをはるかに超えるiPhoneの価格の伸びは新機能が追加される間は需要を増やしたが、もはや、これまで。 日経記事に急務なのはIT系情報の説得力かと。 CPUの設計はアップルになったの?